ボローニャ ソーセージ。 モルタデッラ

【レビュー】丸大食品のボロニアソーセージ(我が家のレシピ)/業務スーパー

ボローニャ ソーセージ

ボロニアソーセージとはどんなものかをご存知ですか? 今では結構な頻度でどこのスーパーでも見かけるため、名前も聞いたことがないと言う人はまずいないでしょうし、サンドウィッチやパスタの具、あるいはステーキや炒めたものなどを弁当やご飯のおかずで食べたりや、生のスライスしたものをおつまみとして食べたことがある方だって少なくはないと思います。 しかし「ではどこの料理なのか?」や「何が材料でどんな特徴のあるソーセージなのかと?」だとか「元々どんな食べ方をするものなのか?」と言うことまでご存知の方は殆どいないでしょうし、「カロリーや栄養価はどんなものなのか?」、「どんな材料との相性が良いのか?」などに至っては知っている人の方が圧倒的に少ないことでしょう。 そこで今回はそんな以外と皆様が知っているようで知らないことも多い「ボロニアソーセージとは?」についてその特徴や定義から、カロリーや含んでいる栄養価、そして基本的な食べ方などまでをご紹介します 『ボロニアソーセージとは?食べ方やカロリー!』と言う記事を書かせていただきました。 「普通に食べているはず」なのに思ったよりも以外と知らないボロニアソーセージについて興味があったりはしませんか? Topics• ボロニアソーセージとは? まずはボロニアソーセージとはそもそもどんなものなのかからご紹介させていただきます。 最も簡潔に言いますと ボロニアソーセージはイタリアのボローニャで伝統的につくられてきたソーセージ「モルタデッラ」を「イメージして作られたソーセージ」のことです。 本来ボロニアソーセージとモルタデッラは同じものを指す言葉なのですが、 日本においてのボロニアソーセージに関しては「イメージして作られたソーセージ」と言う所がポイント。 それと言うのもモルタデッラと言うものは「豚肉をかなり細かいひき肉にし、これにサイコロ状にカットした豚の喉の部分の脂身を加え、牛の腸に詰めて蒸して作ったソーセージ」であるのに対して、日本においては「畜肉を挽肉にして牛の腸ないし36mm以上の太さのケーシングに詰めたもの」としかJASで定められていないため、本来のモルタデッラとは異なるものもまとめて「見た目がそれっぽいだけのもの」もボロニアソーセージとしているからです。 その為極端な話をしますと 日本で言うボロニアソーセージとは、厳密な原料や調理法などの決まりごとは全て関係なく「36mm以上あるソーセージのこと」を指しています。 こうした文章だけ見ていますと「なんだただのでかいソーセージなのか」と思う方もいるとは思いますが、完成品の見た目が薄いピンク色であることもあり、大きいものでは一見するとハムにも見えるほど太いソーセージであるため、実際のものを見ると他のソーセージとは全く違うもの。 食べ方もそれこそ他のソーセージよりはハムやベーコンに近く、丸ごと塊で販売されているものよりはスライスされたものが多く見受けられることこそがある意味一番の特徴と言えるかもしれません。 しかしその反面味や香りの特徴は原料の決まりが特にないため特別な特徴はなく、強いて言うならば多くのものはモルタデッラをイメージしているため、原料の肉がそれこそクリーム状になるまで細かく挽かれていて柔らかさや舌触りの良さが少々違うぐらいでして、それこそ原料のバランスや調味料次第ではハムに近いものも多く、 ほとんどのものは「しっとりと柔らかなハム」と言われた方がしっくりきます。 そんなソーセージですから食べ方もどちらかと言うとやはりハムの方が近く、利用方法と言うか一般的な調理方法も他のソーセージとは少し異なります。 【スポンサーリンク】 ボロニアソーセージの食べ方・使い方 ボロニアソーセージは大きさの違いから他のソーセージとは食べ方と言うか調理方法が少し違います。 とは言え特別な調理方法が必要なわけでもなく、 基本的にハムのように使うと思っていただければ間違いはありません。 一番簡単な食べ方としてはスライスしたものを生で食べること。 製品化される段階でしっかりとボイルされておりますし、既に薄くスライスされている商品も多く、匂いや味に特にクセがないためにおつまみやサンドイッチ、サラダの具にもぴったりです。 ですがしっかりと脂身を混ぜて作られている商品もそこそこ多く、温めた時の方が肉の旨味が出ますから加熱料理の方がどちらかと言うとおすすめ。 商品によってはそれこそハムのように殆どピンクで全く脂身の存在を感じさせないものもあるので、あくまでも切断面にしっかりとピンクと白のまだら模様になっているものに限っての話です。 脂身を殆どいれず作られている「肉で作った魚肉ソーセージ」のようなものは生でそのまま食べた方がむしろ良いです。 こちらの場合は肉の出汁がしっかりと出るほどのものではありませんが、ベーコンと同じだと思って調理してください。 薄くスライスされたものをただサッと炒めただけでも美味しいですし、塊ならば厚切りでステーキと言うのも良し、味や臭いに特徴がないため様々な具材を入れたスープや炒め物の具材の1つとしても最適です。 またモルタデッラをイメージして造られているだけあり、パスタソースの具としてもよく使われます。 サッパリとしたトマト系からこってり濃厚なクリーム系のソースにまで合いますし、それこそシンプルなオイル系にも使える万能性がオススメポイントです。 その他にも元々生でも食べられると言うこともあり、冷めても十分美味しい所も魅力でして弁当の具や放置時間が長くなりえるオードブルなんかにも使いやすいことや、セロリのようなクセの強いものからじゃがいものような淡白なものにまで合わせやすいので「あまってもついでに入れる」ことができるのも長所と言えます。 日本で言うボロニアソーセージは原料や調味料、製作過程が決まっておりませんので結構ばらつきがあるようでしてあくまでも目安としての話です。 むしろきっかり230kcalのカロリーの商品よりは250~270kcalぐらいの商品が多いように感じます。 比較対象として挙げるなら ウィンナーソーセージ100gのカロリーが大体平均321kcal、フランクフルトソーセージ100gのカロリーが大体平均298kcalですから 他のソーセージと比べてみるとやや低めです。 しかし 食べ方や特徴が近いハムと比べますと100gのカロリーが ロースハムですと大体平均196kcal、ボンレスハムに至っては118kcalですから ハムと比べると脂身を混ぜる分旨味は強いがカロリーはやや高めと言った感じです。 細かな成分の内容を見て見ますと平均して加工肉の仲間の中では脂質がやや高く、タンパク質がやや低いと言ったところで一般的に100gあたり脂質が21g、タンパク質が12.5g。 これに加えビタミンやミネラルと言った栄養ではナトリウムとナイアシンと言う成分がやや多いということもあり、かなり良質な運動するためのエネルギー源と言うこともできますが、それ以外の成分では目立ったものがなく総合的に美容や健康に対する効果効能のほどは低いと言えます。 また 「肉の練り製品」であるために殆どの商品に様々な添加物が加えられていることが、内容物の表記欄にかなりの行数を使っていることからも分かります。 伝統的な手法とこだわりを持って作られているものはもちろん別ですし、全ての食品添加物が有害である分けでもなく、当然人体に問題があるような量を使っていることもないとは思いますが、それらを気にする方にとってはちょっと向いていないかもしれませんので、こうしたものが気になる方は購入前は一度ご確認なさることをおすすめします。

次の

モルタデッラ

ボローニャ ソーセージ

御殿場で有名な加工肉のお店といえば 「二の岡フーヅ」です。 人気商品のボロニアソーセージは我が家で大人気で、子供たちも大好きです。 手土産としてもとても重宝していて、お盆や年末に実家に帰る時に持っていくと喜ばれます。 御殿場観光のおみやげにも最適です。 常に行列が出来ている人気の加工肉のお店「二の岡フーヅ」に行ってきたので、紹介します。 アクセス 二の岡ハムの場所は 御殿場インターチェンジに近いところにあります。 車で行けば2分くらいで到着できます。 御殿場アウトレットからも車で5分くらいなので、御殿場アウトレットの帰りに寄るのも便利です。 秩父宮記念公園の近くの「東田中交番」のある「東田中」という交差点を西に向かって進み、最初に左に曲がれる道を曲がったところにあります。 わかりづらいと思うので、始めての方はナビをセットして行ったほうが良いと思います。 近くまで行くと黄色の看板が見えてくるので、その看板が目印です。 定休日(休み) 定休日は火曜日です。 年末になるとお歳暮需要や、お正月の買い出し需要が多いからか、休まず営業する場合もあります。 こだわりの製造方法 戦前、箱根の道に迷い込んだ外国人が二岡神社で助けられ、そこから見た富士山がきれいだったため、二の岡に住むことになりました。 その後、もともと避暑地として知られていたので、有名人や外国人が別荘を建てるようになり、アメリカ村と呼ばれる別荘地ができました。 しかし、外国人が欲しがる食材がほとんどなかったので、彼らは養豚を始め、そして、ハム、ソーセージ等の食品加工法を地域に伝えてくれました。 二の岡ハムでは現在でも当時の製法を変えずに、手作りにこだわって丁寧に作られています。 厳選された国産の豚肉を使って、製品にはそれぞれ最も適した部位の肉を使い、合成保存料は使用しないで、原材料の旨味を引き出すように作られています。 行列のできるハム屋 駐車場に到着すると 10台くらいある駐車場がすでにいっぱいで、なんとか一台だけ空いていたので、すぐにそこに駐車しました。 後から気がついたのですが、この日は12月で、お歳暮や正月の買い出し用に買いに来ている人が多くて、賑わっていたようです。 車を停めて看板に導かれるままに進んでいくと、民家の敷地内のようなところに向かっていくことになります。 敷地内に入ると左手に大きな昔の日本の家のようなものが見えてきますが、そちらが店舗兼工房です。 入り口には行列ができていました。 二の岡ハムは結構有名で、企業が 取引先の送るお土産に使ったり、お歳暮などにも使われるみたいです。 入り口には営業時間と年末の休業日が貼られていました。 5分位で建物の中に入れました。 メニュー 二の岡ハムでは、様々な加工肉が売られています。 メニューは以下の通りです。 ベーコン・スモーク ・牛タンスモーク ・豚タンスモーク ・豚レバースモーク ・ベーコン 創業当時よりの伝統の味 ・ラックスベーコン 骨付き ・スモークドアイスバイン 骨付きのスネ肉 ・焼豚 美味しそうなショーケース お店の中はショーケースがあって、そこで注文して購入するための最低限のスペースがあるだけです。 冷蔵ショーケースを覗いてみるといろいろなハムやソーセージが並んでいます。 燻製もあり、とても美味しそう。 商品はだいたい 100g単位の金額が書かれています。 予備知識もなく初めて行った時に何を買ったら良いかわからず迷っていたら、前に並んでいたおばさんが オススメはボロニアソーセージだと教えてくれました。 その人は横浜から買いに来ているようで、40年前からずっと通っているそうです そのおばさんは大量に買って領収書をもらっていました。 たぶん、会社のお歳暮などに使うのでしょう。 その場で発送先に送る手続きもできるみたいで、ショーケースの隣にテーブルがあって、そこで何人かが発送先を記入していました。 ボロニアソーセージの値段 これがオススメのボロニアソーセージです。 100g220円で、こちらは1キロのパックになっています。 1キロだと2,200円ですが、 半分の500gでも買えるとおばさんに教えてもらい、500gだけ注文しました。 1キロはちょっと多いと思っていたので、助かりました。 商品の価格と賞味期限 公式ホームページに、それぞれの商品の価格と賞味期限が記載されていました。 100g当りの単価はボロニアソーセージが一番安いです。 ボロニアソーセージの賞味期限 ボロニアソーセージの 賞味期限は20日です。 20日で食べ切れなさそうな場合、我が家は小分けにして冷凍します。 そして、使いたいときにその都度解凍して焼いて食べています。 ボロニアソーセージの食べ方 家に帰ってさっそく夕飯に食べました。 ハムのようなボロニアソーセージを厚切りにします。 そして、そのまま 味付け無しで、 脂無しでステーキの様に焼いて食べました。 弱火で両面を軽く、焦げ目がつくくらいまで焼いて完成です。 思ったより脂が出ないのにびっくりです。 さっそく一口。 ジューシー!! しっかりとした歯ごたえがあって、一口噛むと 肉の旨味が凝縮された油が吹き出してきます。 塩味がついているので、味付けは入りません。 お酒のツマミに最高です! いくら食べても飽きのこない味です。 次の日に、別の会社の安い厚切りハムを同じようにステーキにして食べましたが、ぜんぜん味が違いました。 こちらのハムは、焼くと脂が出て小さくなってしまい、歯ごたえもなく脂身が多い感じで柔らかかったです。 味も肉の味というよりは塩などの調味料の味が全面に出てくる感じでした。 別のハムと食べ比べてみると、二の岡ハムの味が素晴らしいことがより感じられます。 一度、二の岡ハムのボロニアソーセージ食べると、別のところのが食べられなくなりそうです。 食感は魚肉ソーセージのような感じですが、もっと身が詰まってギュッとした感じ。 肉の味とちょうどよい塩加減で、そのまま食べても十分美味しいです。 個人的には、やっぱりちょっと炙った方が好きですが。 生で食べるときは賞味期限以内ではなくて、購入してすぐのモノだけにしたほうが良いと思って、1日、2日過ぎたら火を通して食べるようにしています。 牛タンスモーク 後日、二の岡ハムの牛タンの燻製をいただきました。 塊の牛タンスモークを、薄くスライスしていただきました。 こちらはボロニアソーセージと違って、油が少なく、ギュッと詰まった食感を楽しめます。 一口食べると口の中に薫香が広がり、程よい塩加減と合わさって良いつまみになる味です。 こちらも文句無しで美味しいですが、ボロニアソーセージに比べると高価です。 ボロニアソーセージの活用レシピ いろいろと料理に使えるボロニアソーセージですが、最終的には、やっぱり単体で炙って食べるのが一番です。 料理に使ってしまうと、味がぼやけてしまうので、なんとなくもったいなく感じてしまって、いつも炙って食べています。 ボロニアソーセージをフライパンで焼くと結構油が出るので、その油を使ってほうれん草を炒めて塩を振るだけでも美味しいです。 それだけで副食が一品できます。 カテゴリー•

次の

モルタデッラ

ボローニャ ソーセージ

ボロニアソーセージとは ボロニアソーセージは、北イタリアのロマーニャ州の州都ボローニャが原産のソーセージです。 正式名称はイタリア語で「モルタデッラ」といい、日本では原産地のボローニャにちなみボローニャソーセージ、またはボロニアソーセージと呼んでいます。 豚の肉や脂身などを牛の腸に詰めた丸い大型のソーセージです。 ボロニアンという呼び名について 日本人でたまにボロニアンソーセージと呼ぶ人がいますが、これは日本人のごく一部の人の間でよばれている名称で、正式なものではありません。 日本では日本農林規格(JAS規格)の「ソーセージ」の項目において、このソーセージは、ボロニアソーセージという名称でよび、基準が定義づけられています。 ボロニアソーセージの特徴 イタリアの正式な作り方では、材料は豚肉のみを使用し、豚肉を細かくひき肉にしたものに塩・コショウなどの調味料、ときにはピスタチオやパプリカなどと脂身を加えます。 特徴の一つに上げられることは、 牛の腸に太さ36mm以上になるように中身を詰めてボイルすることです。 この太さは日本農林規格(JAS規格)によって定められています。 塊のものもありますが、薄くスライスされた状態で販売されている場合もあり、薄いピンク色をしているのが特徴です。 正式なボロニアソーセージは豚肉のみ使用しますが、現在、日本の各メーカーで獣肉、魚肉などのほか、内臓や野菜、穀物などを混ぜ合わせ調味して、腸に詰めて乾燥、湯煮して作られている場合もあります。 野菜ではパプリカやピスタチオ、そしてチーズなどが加えられています。 ケーシングの使用について ボロニアソーセージは国の規定やこのソーセージの特徴に、牛の腸に詰めたものと規定されていますが、現在はソーセージの需要が多く、動物の腸だけでは間に合わないため、腸に代わる同質の繊維質で作られた詰め袋(ケーシングという)を利用して、大きさを36mm以上にして、日本農林規格の規定に合わせて作ることでも、ボロニアソーセージと認められています。 このケーシングを利用するのはボロニアソーセージに限らずウインナーやフランクフルトも同様です。 ウインナーは羊の腸を使い大きさが20mm、フランクフルトは豚の腸を使い20~36mm未満の大きさが規格に定められていますが、同様の大きさのケーシングを使い大きさが規定に添えばその名を称することが認められています。 ボロニアソーセージの作り方の特徴 ボロニアソーセージは作り方に特徴があります。 原料となる肉(正式のイタリアでは豚肉を使います)をミンチ機で3回、異なる工程でクリーム状にするのが特徴的です。 そして 脂身を混ぜ合わせて塩・コショウなどの調味料で味を整えたら腸に詰めます。 そして特殊な釜で茹でます。 茹で時間も長く、数時間から1日かける時もあります。 こうして手間のかけられた分だけしっかりした味わいと、しっとりと柔らかい舌触りの良いボロニアソーセージが作られます。 ボロニアソーセージのカロリーと栄養素 ボロニアソーセージのカロリーは100gあたり251kcalです。 脂質は21g、そのほかミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅など)、タンパク質、炭水化物、ビタミン(C、B1、B2、B12、B6、E、K、D、ナイアシン、パントテン酸、葉酸など)が含有されています。 栄養素の特徴はビタミンとミネラルが豊富で、ビタミンでは特にビタミンCやナイアシンが多く含まれ、ミネラルでは特にナトリウム、カリウム、リンの含有量が多いです。 ・ ボロニアソーセージのおいしい食べ方 ボロニアソーセージは風味豊かで優しい味のソーセージです。 柔らかい舌触りが特徴なので、薄くスライスしてそのままオードブルとして食べるのは一般的に美味しい食べ方です。 そのまま生で食べる場合 そのままと言っても製造過程で加工してあるので生ではありません。 そのままスライスして、オードブルやさいの目に切ってサラダ、薄くスライスしたものをサンドウィッチなどに挟んで食べるのが一般に美味しいと言われています。 焼く・ボイルする ハムエッグの代わりにのせたり、刻んで炒めたり、チャーハンに入れて加熱して食べるのもおすすめです。 またボイルして温めて食べても美味しいです。 冷凍の場合 冷凍保存してあるものは、ポトフやスープに利用することがおすすめです。 ボロニアソーセージは大きめの柔らかなソーセージ イタリアのロマーニャ州の州都ボローニャが原産のボロニアソーセージは太さが36mm以上ある大きなソーセージです。 牛の腸に詰めるのが正式ですが、牛の腸の需要が間に合わず、最近は同じ繊維質の袋に詰めるケーシングという方法を使って作られる場合があります。 柔らかい舌触りでピンク色をしていて味もまろやかなボロニアソーセージは、薄くスライスしてオードブルやサラダ、サンドウィッチなどパンに挟めて食べるのが一般的に美味しいと言われていますが、大きめに切って炒めたり、ポトフやスープに入れて煮込むなど加熱しても美味しくいただけます。 ボロニアソーセージ、さらに美味しく調理してみてください。

次の