剣盾 たたりめ。 ポケモン剣盾RTA わたあめチャート シールド版:りんごのブロマガ

【ポケモン剣盾】襷ドラパルト+積み(作成者:るどるふ)【構築記事】

剣盾 たたりめ

こんにちは、もけもけと申します。 この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。 シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。 最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。 【コンセプト】 ・ステロor状態異常を絡めてこちらのックスエースor鉢巻ゴリラ、スカーフを対面的に通していく。 ・選出時点では考慮しにくい型のエースを押しつける。 C振りではあるがミラーが起こった際に相手の襷を貫きたいので竜打点としてドラゴンアローを採用。 鬼火や電磁波で相手の初手ックスに抗えたり、打点のない相手にも状態異常技で最低限の仕事ができる点が偉かった。 環境が物理に寄っているため、ックス時の撃ち合い性能がかなり高かった。 このが悪巧みを積んだ状態になると、相手は強制的にックスを切らないと受けられない状況になることが多い。 かつ場持ち性能が非常に高いため、ックスが終わったあとにエアスラ怯みを押しつけられる展開になることが多かった。 炎技としてマジカイムを採用することで、本来不利をとってしまうような一部の特殊 例:、火 に対しても抗えるようになった。 後述するエースバーンが相手のエースバーンに対してどうあがいても同速勝負をしなければならないであるため、対エースバーンの処理ルートとしても重宝した。 はを出しにくい電気ックスエース パッチラゴンや飛 入りや耐久振りのに対して撃ち合えるように採用。 ダイナックルを撃てることで低速パーティによりこのを通しやすいと感じたため、最後の一枠に跳び膝蹴りを採用した。 結果、命中不安に泣きやすいになってしまったが外しはご愛嬌。 大体の相手は氷柱落としを考慮するとに対して引けないため、初手を無駄打ちさせることが多かった。 環境に増えていたゴリランダーに対しても突っ張る選択肢が可能であるため、雑に初手に投げて仕事をできることは多い。 今シーズンはを舐めている構築も散見されたためかなり強いだった。 初手出しは警戒されていた印象だったため、裏に置いて最後にコイツのグラススライダーを通すことが多かった。 ステロと組むことで草技の通しにくい飛行や炎タイプにもこのを通しやすくなると考えてステロ巻きと合わせて使用していた。 途中まで吹き飛ばしではなくなまけるを採用していたが、ラム持ちや浮いてる身代わり持ちが怖く、この技構成に落ち着いた。 ゴリランダーと一緒に選出した際にグラスメー下で地面技を打ちたい場面が少なからずあったので、10万馬力を採用。 と比べてラム持ちやゴリランダー等に対してもビビらず選出しやすいだった。 正直2桁に届かなくてめちゃくちゃ悔しいので次こそは頑張ります。 mokemokepoke.

次の

【ポケモン剣盾攻略】ドラパルトの型と対策をまとめてみた結果・・・

剣盾 たたりめ

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

スピンロトムの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

剣盾 たたりめ

前回の記事で紹介したバタフリーの対策についていくつか紹介しておきます。 こういったハメ系の戦術に関しては、無対策だと構築単位で切ることになってしまうので好ましくないのですが、かといって対策しすぎてもこちらのバランスが悪くなってしまうので難しい所です。 催眠対策まとめ ラムの実 構築を歪めずに取り入れやすい最も簡易的な対策。 ラムの実は眠り以外の状態異常も解除することが可能なので、ドヒドイデ等のどくどく、サニーゴの鬼火など眠り以外の状態異常を1回は無視して積み展開に持ち込めることからも伺えるように、 汎用性の高さが強みと言えます。 欠点は、簡易的な対策ゆえに完全な対策としては機能しないところです。 具体的には、既に身代わりを設置され、蝶の舞を積まれている状態のバタフリーに対しては全く役に立ちません。 」といった流れになるからです。 草タイプ、草食 剣盾から対戦を始めた方の中にはまだご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は 草タイプのポケモンには粉技が無効になるという仕様があります。 あくびや催眠術の対策にはなりませんが、眠り粉やキノコの胞子であれば草タイプのポケモンを採用することで簡易的な対策ができるわけです。 では剣盾環境の草タイプのポケモンでバタフリーと打ち合えそうな駒はというと... カットロトムがギリ行けるかどうかといったところでしょうか。 草タイプは暴風で弱点を突かれてしまうので実際問題厳しいんですよね... 蝶舞でDが上がるので、カットロトムでも正直対策枠とするのは難しそうです。 追記:コメント欄でご指摘を頂きましたが、特性「そうしょく」でも対策が可能です。 剣盾に登場するポケモンですと、ジジーロンとヌメルゴンが該当し、暴風でごり押されることを考慮するとDの高いヌメルゴンならばそれなりに安定して相手できるかと思われます。 催眠対策が薄い構築でもプレイング次第で何とかできなくもない一例です。 剣盾でありそうな状況ですと、ダイジェットで下から身代わりを破壊し、S関係が逆転した次ターンにダイジェットで本体をワンパン。 といった流れですね。 これは相手の積み具合や催眠ターンの長さにも左右されるため、どうしようもない状況での最終手段程度に考えておいた方が良いかもしれません。 身代わり貫通系 ロックブラストやつららばり等の連続技で身代わりごとワンパンしたり、特性「すり抜け」持ちや音技で身代わりを無視してダメージを与えます。 比較的メジャーなポケモンですと、 連続技... HDバンギのロクブラ すり抜け... ドラパルト、シャンデラ 音技... ストリンダー 辺りが現実的な対策ではないかと思います。 特にHDバンギラスは受け回し系の構築に採用されやすく、暴風で落とされることが無いため上記の中では最も安定する対策枠であると言えます。 逆にそれ以外は、催眠ターンの長さ蝶舞の積み具合次第では余裕で負けるので、立ち回りにも気を配る必要があります。 エレキorミストフィールド フィールド効果によって催眠を無効化します。 今作ではダイマックス技でフィールドを展開できるため、ダイマックスを切る必要があるものの、多くのポケモンで実現可能かつ、特に電気技は受け崩しとしても優秀であるため汎用性の高い対策となっています。 フィールド効果は接地しているポケモンでなければ恩恵を受けられないため、飛行タイプや浮遊持ちには取り入れられない点には注意しておきましょう。 防塵ゴーグル 粉技を無効化するアイテム。 これを持たせておけば絶対にハメられることはありませんが、今作のバタフリーの使用率を鑑みても、個人的にはここまでして対策する必要はないと思っています。 前作までは催眠ポケモン代表としてキノガッサがビビヨン 前作までのバタフリーポジション を遥かに上回る使用率を誇っていましたが、それでも防塵ゴーグルを持たせてまで対策する人は極めて少数派だったと記憶しています。

次の