さくら さくらさくら 歌詞。 舞踊小曲「さくらさくら」歌詞と解説

さくら(独唱) 森山直太朗 歌詞情報

さくら さくらさくら 歌詞

歌詞 [ ] 歌詞は二通りあり、元のものは以下。 さくら さくら やよいの空は 見わたす限り かすみか雲か 匂いぞ出ずる いざや いざや 見にゆかん もう1つは昭和16年に改められたもので、現在音楽の教科書等にはこちらの歌詞を掲載しているところもある。 こちらを1番、前述の元の歌詞を2番と扱っているものもある。 (1941年(昭和16年)3月「うたのほん 下」) さくら さくら 野山も里も 見わたす限り かすみか雲か 朝日ににおう さくら さくら 花ざかり 使用例 [ ] 海外向けのでも日本語周波数案内(流れるのは日本時間で12時前、13時前、19時前、21時前。 ラジオ第1同時放送の途中飛び乗り案内も含む)や日本語・英語を除く各言語の地域別放送でもBGMとして流れている。 JRとJRではとしてこの曲が流れる。 では到着時のとして流れる。 エアポートリムジンバスの車内放送開始時のBGM 成田空港発のみ として流れる。 の野球部の応援で使用されている。 ゲーム [ ]• 『』(、)第1面、花園高校対戦のテーマ。 北米版では対日本戦• 『』(、)、ピストン本田のテーマ 編曲 [ ] 後世様々ながなされているが、の「さくら変奏曲」が特に有名。 珍しい編曲としては、日本のエレキインストバンドがで箏のような音(いわゆる琴奏法)を出すなど和風アレンジで演奏している。 ちなみに彼らは「さくら変奏曲」も同様に演奏している。 開花から満開へ、そして散りゆく桜に寄せる変奏曲 - の編曲。 『おもしろ変奏曲にアレンジ! 〜童謡唱歌〜』()に掲載。 桜花吹雪、舞い踊る変奏曲 - 大宝博の編曲。 『おもしろ変奏曲にアレンジ! 〜日本のうた〜』(ヤマハミュージックメディア)に掲載。 1976年6月21日、郷ひろみがアメリカ ロサンゼルス スコテッシュ・ライト・オーディトリアムにて、コンサート開催、ロック調にアレンジした「さくらさくら」を披露した。 関連曲 [ ]• 作曲 「」• 作曲 「」• 作曲 「」• 作曲 「」作品87の3• 作曲 「」• 作曲 「」より「花見」• 作詩 讃美歌「」• 作曲 「」• 作曲 「」 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。

次の

歌曲「さくらさくら」日本の桜の美しさを歌いあげよう。歌詞の意味と歌唱ポイント

さくら さくらさくら 歌詞

歌詞の意味 さくらさくら 三月の空を見渡してみると この霞みがかった景色の中で いい香りがしてきた(鮮やかな色が見えてきた) さあさあ 見に行こう 言葉の意味 弥生 三月のことです。 日本の古い月の呼び方は 1月 睦月 むつき 、2月 如月 きさらぎ 、3月 弥生 やよい ・・・・ この「やよい」です。 霞みか雲か ぼんやりした景色のことでしょう 匂いぞ出る いい花の香りがしてきた にほい=色がくっきり見える という意味もあるようですので、景色の中に鮮やかな色が見えてきた(桜のピンクがはっきりとしてきた)という意味にも捉えられます。 歌詞の変化 「さくらさくら」は、日本の古謡です。 子供のお琴練習曲として江戸時代に作られた「咲いた桜」がルーツだと言われています。 そこから明治時代に作られた歌詞が、動画と同じものです。 (作者不詳だから書いても大丈夫ですよね・・・) さくら さくら やよいの空は 見わたす限り かすみか雲か 匂いぞ出ずる いざや いざや 見にゆかん そして、以下が現代の教科書に掲載されいている歌詞です。 文部省唱歌の歌詞。 さくら さくら 野山も里も 見わたす限り かすみか雲か 朝日ににおう さくら さくら 花ざかり 思えば、私も後者の歌詞を学校で習いました。 昔の歌詞よりも、意味がわかりやすくなっていますよね。 どちらがひまわりの好みかというと、やはり前者です。 「いざやいざやみにゆかん」ここが好きなのです。 遠くで色づく桜を見て、春の匂いを感じ、居ても立っても居られない・・・・早く見に行こうよ!!! あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまう桜。 一瞬の美しさだからこそ、日本人の心に響いて歌い継がれているのでしょう。 世界でもこの曲は有名で、日本人が外国で演奏会をするときには、アンコール曲としてよく選ばれるとのこと。 歌唱ポイント 遠くの景色の広がり、霞みがかった柔らかな色合いを、声に乗せて歌うのが理想ですね。 歌声からこの曲の風景を感じられたら最高なのですが・・・ とにかくレガートに。 あたたかな空気が流れるように、優しい響きを絶やさないように気を配りましょう。 「いざやいざや」は気持ちの高ぶりを、ほんの少しのアクセントで表現します。 声の伸ばした後の始末はとても大事です。 ぶちっと切らずに柔らかく包み込むように処理してください。

次の

森山直太朗 さくら(独唱) 歌詞

さくら さくらさくら 歌詞

歌詞の意味 さくらさくら 三月の空を見渡してみると この霞みがかった景色の中で いい香りがしてきた(鮮やかな色が見えてきた) さあさあ 見に行こう 言葉の意味 弥生 三月のことです。 日本の古い月の呼び方は 1月 睦月 むつき 、2月 如月 きさらぎ 、3月 弥生 やよい ・・・・ この「やよい」です。 霞みか雲か ぼんやりした景色のことでしょう 匂いぞ出る いい花の香りがしてきた にほい=色がくっきり見える という意味もあるようですので、景色の中に鮮やかな色が見えてきた(桜のピンクがはっきりとしてきた)という意味にも捉えられます。 歌詞の変化 「さくらさくら」は、日本の古謡です。 子供のお琴練習曲として江戸時代に作られた「咲いた桜」がルーツだと言われています。 そこから明治時代に作られた歌詞が、動画と同じものです。 (作者不詳だから書いても大丈夫ですよね・・・) さくら さくら やよいの空は 見わたす限り かすみか雲か 匂いぞ出ずる いざや いざや 見にゆかん そして、以下が現代の教科書に掲載されいている歌詞です。 文部省唱歌の歌詞。 さくら さくら 野山も里も 見わたす限り かすみか雲か 朝日ににおう さくら さくら 花ざかり 思えば、私も後者の歌詞を学校で習いました。 昔の歌詞よりも、意味がわかりやすくなっていますよね。 どちらがひまわりの好みかというと、やはり前者です。 「いざやいざやみにゆかん」ここが好きなのです。 遠くで色づく桜を見て、春の匂いを感じ、居ても立っても居られない・・・・早く見に行こうよ!!! あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまう桜。 一瞬の美しさだからこそ、日本人の心に響いて歌い継がれているのでしょう。 世界でもこの曲は有名で、日本人が外国で演奏会をするときには、アンコール曲としてよく選ばれるとのこと。 歌唱ポイント 遠くの景色の広がり、霞みがかった柔らかな色合いを、声に乗せて歌うのが理想ですね。 歌声からこの曲の風景を感じられたら最高なのですが・・・ とにかくレガートに。 あたたかな空気が流れるように、優しい響きを絶やさないように気を配りましょう。 「いざやいざや」は気持ちの高ぶりを、ほんの少しのアクセントで表現します。 声の伸ばした後の始末はとても大事です。 ぶちっと切らずに柔らかく包み込むように処理してください。

次の