かつお の たたき アレンジ。 かつおのたたきの美味しい食べ方!アレンジ料理や余りレシピも

かつおのたたきのアレンジレシピ!意外においしい食べ方はコレ!

かつお の たたき アレンジ

かつおのたたきの生臭さはどうしたらよい? かつおの生臭さを消すには最初の保存方法が大事です。 かつおを購入してきましたら、まずは表面の血などの液体分などを拭きとってください。 次にキッチンペーパーなどで包み込んでから、空気に触れないように冷蔵庫で保存します。 さらにはお酒などに10分から20分程漬けます。 これでかつおの臭みの成分であるトリメチルアミンがアルコールによって蒸留されます。 お酒には魚の身を柔らかくすることのほか、旨味を増す効果も期待出来ます。 次に料理方法ですが、かつおを厚く切って表面を炙り、塩で振ってたたいて馴染ませます。 後はネギ、にんにくなどの薬味を載せるだけです。 ポイントとなるのが塩でたたいて馴染ませること。 これでかつおの生臭さを消すだけでなく、身を引き締めて旨味を引き出すことが出来るのです。 これに加えて表面を炙ることでかつおの生臭さが消え、 さらに焦げ目がつくくらい炙れば香ばしくなります。 炙り方でも、色々な方法があります。 藁や松葉、炭で焼けば、臭い消しの効果があります。 また、多くの薬味を載せることで臭い消しにもなります。 かつおは鮮度が落ちやすく特有の臭いがある為、臭い消しや殺菌・防腐の工夫が必要です。 [ad ad-1] スポンサーリンク お弁当のおかずとして使えそうなかつおのたたきのアレンジ方法 お弁当のおかずとして使えそうなアレンジレシピで一番のおすすめは、 かつおのたたきで角煮を作ることです。 もちろんメインはかつおのたたき。 これに千切りの生姜、だし汁、酒、砂糖、醤油、みりんを使って仕上げます。 次におすすめなのがかつおの生姜焼きです。 かつおのたたきのほかの材料は、醤油、酒、みりんそしてすりおろしの生姜だけです。 材料はシンプルですが味はバカにできませんよ。 余ったかつおのたたきのおかずとしておすすめなのは、かつおのしそ巻きです。 材料は、かつおのたたき、しそ、醤油、みりん、酒、すりおろしの生姜、サラダ油です。 後はかつおの甘辛煮も弁当のおかずとしてはおすすめです。 こちらは千切りの生姜、酒、砂糖、出汁醤油で仕上げます。

次の

クミンとチリパウダーで「かつおのたたき」に未知のアクセントとコクが出た。魚屋三代目の「かつおのたたきのメキシカンサラダ」

かつお の たたき アレンジ

4、漬けにしたかつおに高菜を加えて混ぜる。 5、ボウルにごはんと3のオイル、タイムを加えて混ぜ合わせる。 今回はディルを使っています。 ディルも魚介にとてもよく合うので、おすすめです。 6、混ぜたごはんを器に盛り付ける。 7、上にかつおを盛り付け、中央に卵黄を乗せる。 きゅうりとミニトマトをバランスよく盛り付ける。 仕上げにカリカリにしたにんにくをトッピングし、タイムがある場合は上のせて完成です。 おすすめアレンジ おすすめのアレンジとして、ごはんをハーブ&オリーブオイルではなくごま油ベースのセロリの混ぜご飯にする方法をご紹介します。 より和風な感じで楽しみたいときやハーブが苦手という方におすすめです。 野菜もセロリが入っているのでプラスできますよ。 セロリの混ぜご飯のレシピはこちらでご紹介しています。 このレシピの実際の感想 最後にこのレシピの味の実際の感想をご紹介しますね。 夫 レミさんのレシピって和洋折衷なものが多いですよね。 うまく両方のいいとろこをバランスよく組み合わせていて美味しいのが素晴らしいなと。 子供用にもミニサイズで作ってみましたが『 おいしい!』と好評でした。 小さいお子さん用には、生ものがもう食べられる年齢なら漬けを半分に大きさに切り、高菜は少な目で味付けを薄味にしてあげるといいと思います。 ちなみに上の画像の子供用のものは、セロリの混ぜご飯をベースにしています。 カツオはさっぱり生姜やポン酢で食べても美味しいですが、いつもと少し違った楽しみ方としておすすめですよ。 是非作ってみてくださいね。 レミさんのレシピ本はこちらです。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもカツオを使ったレシピを多数ご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

【ぐっちのおさけじかん】Vol.9 かつおのたたきイタリアン!

かつお の たたき アレンジ

いずれも、鰹の生臭さをとるために、薬味を入れるとよいだろう。 アボカドは、種の周りに縦にぐるりと包丁を入れ、左右の手を逆方向にねじると、上の画像のように、半分に分けられる。 種を取り除き、スプーンなどで皮から身を剥がし、鰹の身と同じ大きさにカットしておく。 このときアボカドにレモン汁をかけておくと茶色っぽく変色するのを防げる。 鰹は上記した好みの調味液に10分ほど漬け込む。 もしくは揉みこむことで時間を短縮できる。 ただ、鰹は身が柔らかいので、崩さないよう注意して扱うこと。 その後、カットしておいたアボカドと和える。 アボカドと和えると味が薄まるので、しっかり味付けすることがポイントだ。 薬味としてさらに、玉ねぎ、薬味ねぎなどを添えてもよいだろう。 ねぎの辛みがポイントとなり、食感のアクセントにもなる。

次の