連 チャン ぱぱ。 CR銀河鉄道999【スペック・ボーダー・解析攻略】

競馬はルメール騎手だけ買っとけば勝てるのか検証

連 チャン ぱぱ

A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 諸説あるようですが、麻雀由来説に1票。 現在の麻雀は東場と南場だけの半荘(ハンチャン)単位で行われることが一般的ですが、昔は東場南場西場北場の4つの風すべてがある本荘(ホンチャン)で行うことが正式でした。 これではあまりに時間がかかるので、本来略式だった半荘麻雀が一般的になっていきました 近年はそれでも時間がかかると東場だけで行うこともあるようですが…)。 その過程で本チャンという言葉が、麻雀以外でも、正式なもの こと)を指して使われることになったのではないかと考えます。 この説に立てば、本チャンの荘(チャン)とはもともとは麻雀の正式なゲームの数を数える単位で(これから親のことを荘家といい親が上がり続けることを連チャンという)、中国語に由来するということになるのではないでしょうか。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

釣助ぱぱのつぶやき:おまちょいこーす・・・

連 チャン ぱぱ

紹介マシン【CRゴールデンゲートM95】 セグで連チャン。 昭和のいかつさなのである。 ということで本機の魅力はやはり爆発力。 ライトミドルながら突破型のV-STにねじ込めば、95%ループなのである。 特図2(電チュー)のラウンド振り分けが9割がた4Rではあるのだが、この連チャン力を持ってすれば問題なし。 RUSH突入時の平均連チャン数は14連超なのである。 仮に14連したとして、そのすべてが4Rであったとしても約4000発は見込める計算。 『CR奇跡の電役キャプテンロバート』という本機以上の継続率を誇る台を単発で終わらせた私が言うのもなんであるが、ループ率が90%を超えれば3ケタ連チャンが余裕で射程圏内となる。 これはいやが上にも同じ西陣の『ポップカルチャー』を思い起こさせるではないか。 この機種もまた1回の大当り出玉が約400個と少なかったのだが、そんなことはお構いなしに皆、ドル箱を積み上げていくのであった。 ちなみに、この『ポップカルチャー』は2008年にリメイク版が発売され、初代と変わらぬ連チャン力に酔いしれたものである。 2代目は連チャンゾーンに入ると演出が省略され、出玉の増加スピードも並々ならぬものがあり、短時間で何十連チャンとさせたものである。 このように、新旧『ポップカルチャー』は手軽に連チャンを楽しめたが、『CRゴールデンゲート』は言うても昨今のパチンコ機。 そうは問屋とお上が許しまへん。 STとなる「レジェンドラッシュ」は、基本的に初当り後のほとんどで移行する70回転の時短中に大当りさせることで突入し、その突破率は初当り3回に1回程度、つまり約33%となっている。 非突入でも、ライトミドルの確率帯と時短で70回転消化されていることから心理的なハードルはだいぶ緩和され、再チャレンジしやすい状態である。 そして、音がカッコいいので、打ち続けてもそれほど苦にならないのである。 斬撃のようなヘソ入賞音。 SF的な7セグ変動音。 荘厳な通常時BGM。 どれもすばらしい。 パチンコにおいてわりと軽視されがちというか、意識されないというのが本当のところであるが、音や効果音、サウンドの重要性を痛感する案件である。 演出がシンプルでわかりやすいことも、この上質な音楽性を後押ししている。 ピンクの先読みゾーン、プロメテウス突入と保留変化。 この2つで大チャンスとなり、ほとんどの大当りに絡む激アツ演出となる。 上記2演出が出現するまでじっくり音楽を楽しむのだ。 大連チャンが待つ黄金の扉が開かれる時まで、最高の音に身をゆだねる。 ゴールデンゲートとは、あなたがラグジュアリーパチンカーへの変貌を遂げるための登竜門かもしれない。 (文=大森町男).

次の

福岡県那珂川町の蛍スポット|夜の中ノ島公園行ってきたよ♪

連 チャン ぱぱ

A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 諸説あるようですが、麻雀由来説に1票。 現在の麻雀は東場と南場だけの半荘(ハンチャン)単位で行われることが一般的ですが、昔は東場南場西場北場の4つの風すべてがある本荘(ホンチャン)で行うことが正式でした。 これではあまりに時間がかかるので、本来略式だった半荘麻雀が一般的になっていきました 近年はそれでも時間がかかると東場だけで行うこともあるようですが…)。 その過程で本チャンという言葉が、麻雀以外でも、正式なもの こと)を指して使われることになったのではないかと考えます。 この説に立てば、本チャンの荘(チャン)とはもともとは麻雀の正式なゲームの数を数える単位で(これから親のことを荘家といい親が上がり続けることを連チャンという)、中国語に由来するということになるのではないでしょうか。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の