キャベツの千切り コツ。 キャベツの千切りの仕方!シャキシャキっと細く仕上げるコツとは!

料理人が教える、キャベツの千切り(少量編)

キャベツの千切り コツ

キャベツの千切りは、幅が広くなってしまったり、長さが揃わなかったり、やってみるとなんだか不格好で食感もよくない... など、簡単そうで意外と難しい。 キャベツの千切りをとんかつ屋のキャベツのようにふんわりさせるには、いくつかコツがある。 まず、外側の葉をむいて、芯を取り除き、白い筋のように見える葉脈にそうように縦半分に切る。 その後、切った葉を2~3枚重ね合わせ、くるくると巻く。 キャベツを巻くと長さが均一になり、食感がよくなる。 キャベツが巻けたら横向きにして、葉脈に直角になるように切っていく。 繊維に直角に切るとふんわりした食感になり、反対に葉脈に添うように切るとシャキシャキした食感になる。 この時、キャベツを自分の手でしっかりと押さえられる程度の大きさに巻くのがポイントだ。 あまりにも大きすぎて手で押さえられないと、キャベツが動いてしまってうまく切れない原因になる。 しかし、ふんわりしたキャベツが好きならば氷水に浸さないで、そのまま食べたほうがよい。 よほど水が冷えていない限り、氷水を使うとよい。 水が温かいと、その水を吸ったキャベツがしんなりしてしまうのである。 また、あまり長時間浸しておくと、キャベツのビタミンは水溶性なので、水に溶け出してしまう。 うまみも流出するので、時間にして1分程度がおすすめだ。 キャベツを氷水に浸けるとシャキシャキした食感になるのは、浸透圧が原因である。 キャベツが本来持っている栄養素を含んだ水分よりも水のほうが浸透圧が低く、また、キャベツの水分が水に溶け出すよりも早くキャベツに吸収されるので、キャベツの細胞が膨らんで張りが出るのである。 また、キャベツの細胞膜を構成しているペクチンが固くなるため、千切りキャベツがシャキシャキする。

次の

キャベツ千切りのやり方(早くて楽な方法)と絶対おすすめの保存法!

キャベツの千切り コツ

家庭でできる3つのキャベツの千切り方法 キャベツの千切りにする方法は人それぞれだと思いますが家庭で普段行われている3つの方法それぞれについてメリット、デメリットなどを書いていこうと思います。 スライサー• ピーラー 包丁を使った方法• キャベツを4分の1の大きさに切って芯の固い部分を斜めに切り落とします。 切り落とした面をまな板に置いて葉を半分の厚みに分け下半分を前にずらして手で押さえます。 抑えた手を猫の手のように丸くして第1関節と第2関節の間が包丁の腹に当たるようにして切っていきます。 慣れない内はゆっくりでいいので 構えた位置でキャベツが切れなくなったら手を移動させるようにして切り進めていけば大丈夫です。 注意点• キャベツを抑える方の手の 親指は手の内側に曲げて人差し指より前に出さないようにしてくださいね。 そうしないと包丁の刃に近づいてしまいますので危ないです。 慣れない内はキャベツの量を少なくしてやってみましょう。 1枚づつはがして5枚くらいを芯を切り落として手で押さえられるサイズにして小さいものを一番下にして丸め込んでやると切りやすいです。 慣れてくると千切りキャベツの厚みを自分の好みにきり分けることができますし他の食材も扱えるようになりますが、やはりある程度のなれが必要なので少量のキャベツで練習していきましょう。 私も最初は葉っぱ5枚程度づつでやっていました。 今もそんなに得意ではないですがそれなりにできるようになりました。 ピーラーを使った方法• キャベツを半分、または4分の1に切ります。 切った面に対してピーラーを当てて手前に掻き出すように動かします。 注意点• キャベツの量がある程度ある内はピーラーは動かしやすいのですが、持つ手が小さくなってくると結局は包丁で切ることになってしまいます。 それでもこれを使えばキャベツの厚みは調整できませんが簡単に千切りができますので一度試したいと思う方は買って置いてもよいと思います。 私のように他の野菜の皮むきにも使えます。 包丁が苦手な方もある程度これでやって残り少なくなったキャベツで練習するようにしたらよいと思います。 スライサーを使った方法• キャベツを半分または4等分に切り分けます。 スライサーの厚みを好みに合わせたらキャベツの切った面をスライサーの面にそって動かしていきます。 この時芯の部分も切れていきますが食べられるので最初に切り捨てないようにしましょう。 注意点• ピーラーに比べて大変スムーズでよく切れるので大量の千切りができますが、残り少なくなったときは謝って手を切ったりしますので 付属のアダプターを使うか無理をせずに包丁で切るなどにしてくださいね。 そういう私も過去に何度かやってしまいました、 取り付けてある刃は包丁と同じ本刃が取り付けてあるのでやってしまうと流血ががなかなかとまらないくらい切れ味が鋭いので十分に注意してくださいね。 私は上の画像にもありますように普通サイズのスライサーしか持っていないのでキャベツのサイズを4等分して使っています。 これから購入される方は半分のキャベツが使用できます大きいサイズをおすすめします。 スライサーの場合大は小を兼ねますので玉ねぎなどの薄切りにも問題なく使えて大変便利です。 スポンサーリンク まとめ 今回は揚げ物料理にかかせないキャベツの千切りの方法をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?3つの方法を紹介しましたが私は包丁とスライサーがあれば十分事足りると思います。 ピーラーは使い方にちょっとコツがいるのと先ほども書いたように周りに切ったキャベツが飛び散るので他の野菜の皮むき程度に使ったほうがよいと思います。 あなたも道具を上手く使い分けてとんかつ屋さんで食べるようなふわふわの千切りキャベツを是非マスターしてくださいね。 カテゴリー• 131•

次の

【みんなが作ってる】 キャベツ 千切り コツのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

キャベツの千切り コツ

キャベツの千切りは、幅が広くなってしまったり、長さが揃わなかったり、やってみるとなんだか不格好で食感もよくない... など、簡単そうで意外と難しい。 キャベツの千切りをとんかつ屋のキャベツのようにふんわりさせるには、いくつかコツがある。 まず、外側の葉をむいて、芯を取り除き、白い筋のように見える葉脈にそうように縦半分に切る。 その後、切った葉を2~3枚重ね合わせ、くるくると巻く。 キャベツを巻くと長さが均一になり、食感がよくなる。 キャベツが巻けたら横向きにして、葉脈に直角になるように切っていく。 繊維に直角に切るとふんわりした食感になり、反対に葉脈に添うように切るとシャキシャキした食感になる。 この時、キャベツを自分の手でしっかりと押さえられる程度の大きさに巻くのがポイントだ。 あまりにも大きすぎて手で押さえられないと、キャベツが動いてしまってうまく切れない原因になる。 しかし、ふんわりしたキャベツが好きならば氷水に浸さないで、そのまま食べたほうがよい。 よほど水が冷えていない限り、氷水を使うとよい。 水が温かいと、その水を吸ったキャベツがしんなりしてしまうのである。 また、あまり長時間浸しておくと、キャベツのビタミンは水溶性なので、水に溶け出してしまう。 うまみも流出するので、時間にして1分程度がおすすめだ。 キャベツを氷水に浸けるとシャキシャキした食感になるのは、浸透圧が原因である。 キャベツが本来持っている栄養素を含んだ水分よりも水のほうが浸透圧が低く、また、キャベツの水分が水に溶け出すよりも早くキャベツに吸収されるので、キャベツの細胞が膨らんで張りが出るのである。 また、キャベツの細胞膜を構成しているペクチンが固くなるため、千切りキャベツがシャキシャキする。

次の