ジャンツォンジャン。 【みんなが作ってる】 ジャンツォンジャンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

業務スーパーの調味料「姜葱醤」が安くて万能すぎる!絶対おすすめです|ママログ

ジャンツォンジャン

姜葱醤(ジャンツォンジャン)とは? 姜葱醤(ジャンツォンジャン)は生姜と葱が香る万能調味料。 ネギ油にすりおろした生姜をくわえた、うまみたっぷりの商品なんです。 中国直輸入の商品で、業務スーパーの海外直輸入品コーナーで購入できます。 姜葱醤(ジャンツォンジャン)の価格は? 姜葱醤(ジャンツォンジャン)の価格は、180グラムで税抜き218円です。 kokomimama 業務スーパーの姜葱醤って調味料気になっててついに買ったけどマジやばい。 中華系の炒め物に合うかと思ったけど普通の醤油ベースの鍋に薬味として入れても美味かったし、豚肉と椎茸を塩胡椒で焼いたものに醤油垂らして姜葱醤混ぜても最高。 むしろ白米に乗せるだけでごはんですよを超えてくるレベル。 — るりともみじとみぃ Va6M2RyCRatfqzI むちゃんこおいしかったー!! 生姜の味がベースでそれにネギ塩の味がついている感じの薬味。 ちょっと多目に冷奴の上にのせてたべたら。。。 、もうたまらんっす。。。 中国直輸入の本場の味でいろいろな料理がおいしくなりますよ!.

次の

姜葱醤(ジャンツォンジャン) レシピ (ロバート馬場編)

ジャンツォンジャン

業務スーパーで買える姜葱醤 ジャンツォンジャン について 業務スーパーで買える 姜葱醤 ジャンツォンジャン は葱と生姜が香る万能調味料です。 説明書き 原材料 原材料は植物油脂、しょうが、食塩、チキンエキス調味料(小麦を含む)、ねぎ油/調味料(アミノ酸等)、PH調整剤、香料、酸化防止剤(V. C)甘味料(スクラロース)、着色料(黄4)となっています。 内容量は 180g。 原産国は 中国です。 材料をみるとけっこういろいろ入っているなぁと感じます。 着色料はいらないのでは?って思いますね。 姜葱醤 ジャンツォンジャン という名前からして 醤油が入っているの?って思っていたのですが入っていないようです。 栄養成分表示 栄養成分表示は100gあたり、エネルギー481kcal、たんぱく質1.4g、 脂質50.4g、炭水化物5.4g、食塩相当量3.2gとなっています。 めっちゃ油じゃん!って思いました。 お値段 お値段は確か、私が買った時は 税抜き218円、税込み235.44円だったと思います。 バーコードも一応のっけておきます。 開封後は要冷蔵です。 姜葱醤 ジャンツォンジャン を食べてみた感想 私この姜葱醤 ジャンツォンジャン 、すごくすごく期待して買ったんです。 だって、 生姜で葱です。 どっちも美味しいですよね。 特に私は生姜が好きで、 生姜生姜したジンジャーチューや、 ウィルキンソンのジンジャーエールの辛いのが大好きなのです。 そして、この姜葱醤 ジャンツォンジャン は めっちゃ評判が良かったのです。 だからとてもとても楽しみにしていました。 シンプルにまずお豆腐につけて食べてみよう まず、シンプルにこの姜葱醤を味わうのに何が一番いいのだろう?と考えました。 まあ、湯豆腐だろう!って思ったので湯豆腐につけてみました。 瓶を開けた途端に生姜が香ります。 葱も香ります。 うまそうな匂いがします。 間違いなく美味しい!って匂いがします。 湯豆腐にちょいと乗っけてて食べてみたわけです。 んん?美味しいよ、美味しいけどなんだろうこのちょっとがっかり感 ってなりました。 前評判が良すぎてハードル高すぎた! 多分それが敗因です。 美味しいです。 美味しいけれど、想像は超えてこない。 そんな味でした。 ちょい生姜辛さが勝っているからか、油っぽさが全面に出ているからか、私は感動するほど美味しいとは思えませんでした。 これ、ちょっと油が強くないですか? 年を重ねたせいか脂っこいものが少し苦手になりつつあるのを感じます。 お名前は姜葱醤じゃなくて姜葱油ってした方が正確でわかりやすいと思います。 醤油だ!これは醤油をプラスすべき!と思って追加で醤油をかけるとかなり好みの味に近づきました。 餃子につけてみる 近くにある中華料理店の美味しい手作り餃子をもらったので、こいつにつけて食べてみようと思いました。 中国の万能調味料です。 餃子との相性は良さそうな気がしますよね? しかし、餃子自体がけっこう脂っこいじゃないですか。 そこにこの姜葱醤の油が加わるとちょっとしつこいです。 うーん生姜と葱の風味はいいんだけど、この油っぽさがちとつらい。 炒めたらいけるかも? ちょっと、想像してたように激ウマでおすすめ!!ってならなかったのでテンション下がっております。 どうしてだろう?って考えるに、油が多分私にあってないんですよね。 そして生姜が生生しいといいますか、ちょっととげとげしい気がします。 もっとまろやかな生姜と葱だと嬉しい。 ってことで、油として炒め物に使えば生姜と葱の角が取れて美味しくならないかなぁと思っています。 まだ試してないんですけど。 業務スーパーの姜葱醤は個人的には微妙でした くう。 できたらめっちゃ美味しかった!おすすめ!!ってなりたかった調味料です。 私には業務スーパーの姜葱醤は期待が大きすぎてごめんなさいな感じでした。 でも今も首をひねっているんですよね。 私これ絶対好きなはずなのに、好きな要素しかないのにどうしてこうなったんでしょう? 好きな人は大好きだと思います。 実際評判を調べると最高!ってなっている人ばかりなのです。 どうやって食べるのが最高なんでしょうか? ちょっと試行錯誤してみます。

次の

姜葱醤(ジャンツォンジャン)

ジャンツォンジャン

内容量は180gで、とろ~りネギ油が染みたおろし生姜がみっちりと詰まっています。 基本はこのままお好みのメニューに使用してOK。 餃子や蒸し鶏のつけダレにしたり、パスタやサラダに和えたり、お豆腐に乗せてみたり。 強めの生姜のパンチをネギ油でマイルドに仕上げ、和・洋・中とメニューを選ばず活用できるテイストなんです。 おかず系メニューなら、生姜焼きは鉄板中の鉄板。 フライパンに本品を熱して豚肉を焼き、軽く醤油を足すだけで、ガツンとインパクトがあってご飯が進むのに後味はさっぱりとした、完成度が高い生姜焼きに仕上がってくれます。 手軽なところだと、卵かけご飯に合わせるのも手。 若干舌が痺れるほどにピリッと立った生姜のパンチを、まろやかな卵黄が優しく包んだ、旨味濃厚かつ爽やかな味わいが中毒性高めです。 料理をしない方でもズボラ飯や、ちょっとしたトッピング用途に使えるのが魅力ですね。 まず余ることはない活用度の高さなので、ひと味違う調味料をお探しの方、一度試してみる価値アリですよ! 特徴をまとめると以下のようになります。 爽やかな生姜が鼻を抜けつつ、ネギ油のこうばしい旨味が広がる、さっぱり濃厚系調味料• 特有のコクとキレを両立させた、中毒度高めの食欲をそそる味わい• 炒め物や和え物、簡単おつまみやズボラ飯まで、コスパ的にもたっぷりと使いやすい• 料理好きはもちろん、料理をしない人でも各種トッピング用途に買ってOK•

次の