コロナ ウイルス ドライブ。 仏映画館連盟、コロナ対策中のドライブインシアター興行に反発 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

新型コロナウイルス(COVID

コロナ ウイルス ドライブ

男性は2月25日に中国・福建省アモイから台湾に帰国した30歳前後の台湾人で、3月10日まで自宅待機が命じられていた。 しかし待機先の住所を偽って報告したほか、新北市や台北市を車で走り回っていたという。 『聯合新聞網』『中央通訊社』などが伝えた。 台湾の在宅検疫とは中国、香港、マカオへの旅行歴がある人に対する処置で、14日間の自宅待機を命じるものだ。 その間、自宅や指定場所以外への外出は禁止される。 2月25日に中国・福建省アモイから帰国した林東京さんは、新竹県竹北市の自宅で待機することになっていたが、27日に防疫担当員が連絡すると待機先住所の変更を申し出たという。 防疫当局は林さんの自宅へ向かい状態を確認しようとしたが本人は自宅にはいなかった。 確認の電話をした担当員に対して林さんは待機先を「台北市の萬華区に変更する」と言い、自身はすでに萬華区にいると話したそうだ。 しかし新竹県当局から連絡を受けた台北市当局が確認したところ、林さんが指定した住所は実在しなかった。 担当員が再度林さんに連絡すると、今度は別の住所を指定したという。 ところが指定された住所を訪ねても彼はおらず、その住人は林さんを知らなかった。 その後、林さん本人と連絡が取れなくなった。 林さんの失踪を受けて新竹県政府は28日午後、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため25日に成立した特別条例「厳重特殊伝染性肺炎防治及紓困振興特別条例」に則り林さんの個人情報を公開した。 通報を受けた警察も捜索に加わり、林さんの家族を通してようやく本人と連絡が取れたという。 林さんは同日夜8時頃、竹北市の警察署に出頭した。 調べに対し林さんは「家には家族がいるので自宅には帰らず、一人でドライブをしていた」と言い、夜はホテルに泊まり、マクドナルドで食事をしたことも明かした。 さらに観光地として有名な台北101ビルがある信義区や龍山寺がある萬華区のほか、新北市の白沙湾海水浴場へ立ち寄ったという。 新竹県衛生局によると、林さんは病院へ連行され検査を受けており、健康状態や検疫に対する態度を見て引き続き自宅待機処置にするかどうかを判断するとのこと。 また今回の林さんの行動は悪質であり、関連規定に違反するものだとして厳罰を科す考えを明らかにしている。 「厳重特殊伝染性肺炎防治及紓困振興特別条例」の規定によれば、検疫措置に違反した場合は10万〜100万元(約36万〜360万円)の行政罰が科せられることになっている。

次の

新型コロナ感染拡大でドライブインシアターが人気 : 映画ニュース

コロナ ウイルス ドライブ

地元自治体は駐車場閉鎖の対策に乗りだしたが、初の日曜となった19日も東京や埼玉など県外ナンバーの車で混雑する光景は変わらなかった。 好天に恵まれた19日の昼どき。 島内では駐車スペースを求めて巡回する車が目立ち、所々で混雑を引き起こしていた。 商店街の一角では閉鎖された駐車場前の路肩などに車が並び、路線バスの通行が困難になる場面も。 三崎署員が移動の呼び掛けや取り締まりに追われている様子も見られた。 八王子市の20代男性は「海が見たかった」。 景色の良い場所を見つけては車を止め、スマートフォンで写真を撮影して移動する観光客の姿も少なくない。 同署によると、違法駐車の車群はパトカーが来ると姿を消すが、しばらく時間を置いて戻ってくる。 当直の署員をフル回転させて監視などの対応にあたったが、島民からは「何とも悲しいいたちごっこ。 動くたびに感染拡大の危険も増す。 他人への迷惑も考えてほしい」との憤りが聞かれた。 出典:神奈川新聞 都内と湘南地区の渋滞情報を 比べてください😓😓 鵠沼海岸から、江ノ島 134号線真っ赤になっています これではどうにもならない。 宜しく頼みます — 人生Enjoy Enjoyshonan0466 県外ナンバーに嫌がらせも!週末の江の島、湘南の海岸はどうなる? 【県外ナンバーに嫌がらせ 徳島】 徳島市長は23日、県外ナンバーの車への嫌がらせが起きているとして、冷静な対応を呼びかけた。 単身赴任中だという男性は「車で買い物にも行けない」と訴え。 車に「徳島県内在住です」と自作ステッカーを貼る人も。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 江ノ島なぎさ駐車場では、23日より生活駐車場にて観光客を管理人が追い返しています。 その後違法路上駐車が増えた為、警察により取り締まりと退去呼びかけアナウンスが始まりました。 車で江ノ島に来るのは不可能です。 徳島県で県外ナンバーへの投石がありましたが、それほど緊張感は高まっています。

次の

コロナウイルスで自粛するよう指示が出ていますが、ドライブする分なら心配ない...

コロナ ウイルス ドライブ

男性は2月25日に中国・福建省アモイから台湾に帰国した30歳前後の台湾人で、3月10日まで自宅待機が命じられていた。 しかし待機先の住所を偽って報告したほか、新北市や台北市を車で走り回っていたという。 『聯合新聞網』『中央通訊社』などが伝えた。 台湾の在宅検疫とは中国、香港、マカオへの旅行歴がある人に対する処置で、14日間の自宅待機を命じるものだ。 その間、自宅や指定場所以外への外出は禁止される。 2月25日に中国・福建省アモイから帰国した林東京さんは、新竹県竹北市の自宅で待機することになっていたが、27日に防疫担当員が連絡すると待機先住所の変更を申し出たという。 防疫当局は林さんの自宅へ向かい状態を確認しようとしたが本人は自宅にはいなかった。 確認の電話をした担当員に対して林さんは待機先を「台北市の萬華区に変更する」と言い、自身はすでに萬華区にいると話したそうだ。 しかし新竹県当局から連絡を受けた台北市当局が確認したところ、林さんが指定した住所は実在しなかった。 担当員が再度林さんに連絡すると、今度は別の住所を指定したという。 ところが指定された住所を訪ねても彼はおらず、その住人は林さんを知らなかった。 その後、林さん本人と連絡が取れなくなった。 林さんの失踪を受けて新竹県政府は28日午後、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため25日に成立した特別条例「厳重特殊伝染性肺炎防治及紓困振興特別条例」に則り林さんの個人情報を公開した。 通報を受けた警察も捜索に加わり、林さんの家族を通してようやく本人と連絡が取れたという。 林さんは同日夜8時頃、竹北市の警察署に出頭した。 調べに対し林さんは「家には家族がいるので自宅には帰らず、一人でドライブをしていた」と言い、夜はホテルに泊まり、マクドナルドで食事をしたことも明かした。 さらに観光地として有名な台北101ビルがある信義区や龍山寺がある萬華区のほか、新北市の白沙湾海水浴場へ立ち寄ったという。 新竹県衛生局によると、林さんは病院へ連行され検査を受けており、健康状態や検疫に対する態度を見て引き続き自宅待機処置にするかどうかを判断するとのこと。 また今回の林さんの行動は悪質であり、関連規定に違反するものだとして厳罰を科す考えを明らかにしている。 「厳重特殊伝染性肺炎防治及紓困振興特別条例」の規定によれば、検疫措置に違反した場合は10万〜100万元(約36万〜360万円)の行政罰が科せられることになっている。

次の