ビデオオプション 死亡事故。 飛び石で車に傷がついた!飛ばしてきた相手に損害賠償を請求できる?【自動車Webマガジン】

OPTION2

ビデオオプション 死亡事故

フレーム対応のブラウザでご覧ください。 そんなDaiの半生は、最高速に捧げてきたと言っても過言ではない。 みんな、OPTION誌やビデオOPTIONの売り物だった「谷田部最高速テスト」って覚えているかな。 日本は茨城県にある日本自動車研究所の通称、谷田部高速周回路でチューニングカーのマキシマムスピードに挑戦していたことだ。 チューニングカーブームの黎明期、1980年前後のことだが、チューニングがゼロヨンからトップスピードに移行してきた。 腕に自信のあるチューナーや走り屋たちが、東名高速で競争をはじめたのだ。 ちょうどOPTIONの創刊(1981年6月号)間もない時期だった。 400メートル加速だけのゼロヨンからトップスピードのスリルとパワーの証明、それが最高速だ。 しかし、一般道の東名高速では危険がいっぱいなのも当然だった。 まだ当時のチューニングカーはフェアレディZ30(S30)やスカイラインのジャパンやDR30、セリカくらいが国産で、外車にはポルシェやパンテーラ、トランザムのチューニングカーがいた。 速い外車に国産が挑戦していた時代だった。 それでも「先週、ポルシェに例のショップのZが勝った」とか「意外とパンテーラは遅い」とか、いろんなウワサが飛び交う。 しかも事故ったりして危険きわまりない。 で、OPTIONがちゃんとしたテストコースで計測しようと企画したわけだ。 1981年10月号。 はじめてのテストに参加したのは13台。 国産、外車のチューニングカーと新車スポーツカー合わせての最高速だ。 当時はまだターボチューンは始まったばかりで、NAのほうがレベルは上だった。 ドライバーにはレーサーの高橋国光さんや三菱のテストドライバー望月修さんをお願いした。 チューニングカーの信頼性がまだ高くなく、なにか起こったら、普通のドライバーじゃ対処できないからだ。 ここから、国産チューニングに気合いが入ることになるのだが、さしものレーサーもヤバイと思ったのかテストを辞退することになる。 素人のオレが最高速をやりだしたのはこんな事情からだ。 ホントに当時の最高速は危なかった。 いつタイヤがパンクするかエンジンがブローするかわからない。 いつも事故死する覚悟でテストしていた「スピードが出ないのはDaiちゃんが恐くてアクセル踏んでくれないからだ」なんていわれたこともある。 オレはいつも必死で踏んだけどね。 それでも初の最高速テストから2年後の1983年12月だった。 オレの会社、ディーズ・クラブの副社長兼OPTION2編集長だったマサ斉藤が谷田部で事故死したからだ。 こんな事態になったら、もうコースは借りられない。 最高速テストの終わりだ…。 しかし、このテストが日本のチューニングレベルを大きく向上させたのは間違いない。 オレの挑戦や斉藤の死が今の日本のアフターマーケット文化を創ったと自負している。 次回は谷田部その後の話をしよう。 (OPTION・81年10月号より) 第1回目の最高速テストで最も速かったのが、264. パンテーラGTSも241. 22年前のDai。 初の最高速テストを終えた後「今回は風が強くヨーイングが発生し、マシンによっては直線で5mくらい吹き飛ばされ、計測ラインを踏むのも困難だった。 その瞬間は身の毛がよだつ感じだ」と、最高速テストの恐ろしさを語っている。 フレーム対応のブラウザでご覧ください。

次の

ビデオオプション

ビデオオプション 死亡事故

フレーム対応のブラウザでご覧ください。 そんなDaiの半生は、最高速に捧げてきたと言っても過言ではない。 みんな、OPTION誌やビデオOPTIONの売り物だった「谷田部最高速テスト」って覚えているかな。 日本は茨城県にある日本自動車研究所の通称、谷田部高速周回路でチューニングカーのマキシマムスピードに挑戦していたことだ。 チューニングカーブームの黎明期、1980年前後のことだが、チューニングがゼロヨンからトップスピードに移行してきた。 腕に自信のあるチューナーや走り屋たちが、東名高速で競争をはじめたのだ。 ちょうどOPTIONの創刊(1981年6月号)間もない時期だった。 400メートル加速だけのゼロヨンからトップスピードのスリルとパワーの証明、それが最高速だ。 しかし、一般道の東名高速では危険がいっぱいなのも当然だった。 まだ当時のチューニングカーはフェアレディZ30(S30)やスカイラインのジャパンやDR30、セリカくらいが国産で、外車にはポルシェやパンテーラ、トランザムのチューニングカーがいた。 速い外車に国産が挑戦していた時代だった。 それでも「先週、ポルシェに例のショップのZが勝った」とか「意外とパンテーラは遅い」とか、いろんなウワサが飛び交う。 しかも事故ったりして危険きわまりない。 で、OPTIONがちゃんとしたテストコースで計測しようと企画したわけだ。 1981年10月号。 はじめてのテストに参加したのは13台。 国産、外車のチューニングカーと新車スポーツカー合わせての最高速だ。 当時はまだターボチューンは始まったばかりで、NAのほうがレベルは上だった。 ドライバーにはレーサーの高橋国光さんや三菱のテストドライバー望月修さんをお願いした。 チューニングカーの信頼性がまだ高くなく、なにか起こったら、普通のドライバーじゃ対処できないからだ。 ここから、国産チューニングに気合いが入ることになるのだが、さしものレーサーもヤバイと思ったのかテストを辞退することになる。 素人のオレが最高速をやりだしたのはこんな事情からだ。 ホントに当時の最高速は危なかった。 いつタイヤがパンクするかエンジンがブローするかわからない。 いつも事故死する覚悟でテストしていた「スピードが出ないのはDaiちゃんが恐くてアクセル踏んでくれないからだ」なんていわれたこともある。 オレはいつも必死で踏んだけどね。 それでも初の最高速テストから2年後の1983年12月だった。 オレの会社、ディーズ・クラブの副社長兼OPTION2編集長だったマサ斉藤が谷田部で事故死したからだ。 こんな事態になったら、もうコースは借りられない。 最高速テストの終わりだ…。 しかし、このテストが日本のチューニングレベルを大きく向上させたのは間違いない。 オレの挑戦や斉藤の死が今の日本のアフターマーケット文化を創ったと自負している。 次回は谷田部その後の話をしよう。 (OPTION・81年10月号より) 第1回目の最高速テストで最も速かったのが、264. パンテーラGTSも241. 22年前のDai。 初の最高速テストを終えた後「今回は風が強くヨーイングが発生し、マシンによっては直線で5mくらい吹き飛ばされ、計測ラインを踏むのも困難だった。 その瞬間は身の毛がよだつ感じだ」と、最高速テストの恐ろしさを語っている。 フレーム対応のブラウザでご覧ください。

次の

フォークリフトの安全対策の6つのコツ!無事故を目指す事前準備を紹介

ビデオオプション 死亡事故

ヘッドライトやフロントガラスが損傷した容疑者の乗用車=10日、徳島名西署 10日午前2時20分ごろ、石井町石井の国道で、大阪市天王寺区、飲食店店員河野匠さん(24)が乗用車にはねられ、徳島市内の病院で死亡が確認された。 車は逃走したが、運転していた男が現場近くにいるのを徳島名西署員が発見。 呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたため、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで男を逮捕した。 逮捕されたのは、東みよし町西庄、会社員松本良容疑者(21)。 車の助手席には、みよし広域連合消防本部の消防士(22)=東みよし町=が乗っていた。 同本部は消防士が飲酒運転をほう助したと判断し、懲戒免職にすることを決めた。 逮捕容疑は、国道で酒気を帯びて乗用車を運転し、歩いていた河野さんをはねて死亡させ、そのまま逃走したとしている。 署などによると、松本容疑者は事故後、現場から約900メートル東で車を降り、フロントガラスやドアミラーが破損しているのを確認。 引き返したが現場を通過し、約500メートル西の駐車場に車を止めて立ち去った。 事故から約20分後、署員が破損した車と近くのスーパー駐車場で座っていた松本容疑者を発見した。 調べに対し、松本容疑者は酒気帯び運転は認めているが「よそ見をしていた。 何かに当たったが、人とは思わなかった」と供述し、容疑を一部否認しているという。 署が事故原因などを詳しく調べている。 県警は11日、松本容疑者を送検した。 署などによると、松本容疑者と消防士は東みよし町内の飲食店などで酒を飲んだ後、2人で徳島市内に向かう途中だった。 現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、信号機や横断歩道はない。 河野さんは石井町内の実家に帰省中で、近くの飲食店で父親(62)と食事をして帰る途中だった。 約200メートル後方を歩いていた父親がスピードを出して走る車を目撃、衝突音を聞いて駆け付け、110番した。

次の