タイヨウ の うた 映画。 「タイヨウのうた」映画とドラマどっちが良かったですか?私はその当...

【YUI主演】映画タイヨウのうたの動画をフルで無料視聴する方法

タイヨウ の うた 映画

この項目では、2018年の映画について説明しています。 有那寿実による日本のBL漫画作品については「」をご覧ください。 のオリジナルアルバムについては「」をご覧ください。 監督は ()、主演はとが務めた。 の『』のハリウッド・リメイクである。 本作の日本語字幕はが担当している。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年4月)() 17歳になったケイティ・プライスはを患っており、それが原因で外出もままならない日々を送ってきた。 家にいざるを得ない昼間、ケイティの話し相手になれるのは父親(ジャック)しかいなかった。 ただ、夜になれば、ケイティは外に繰出すことができた。 天気の良い夜には、彼女は決まってギターの弾き語りをするのだった。 ある日の夜、ケイティは隣人のチャーリーと初めて会話を交わすことができた。 ケイティは前々からチャーリーのことを知っており、寝室から彼の部屋を覗くなどしていたが、直接会うことは叶わずにいたのである。 それからというもの、ケイティはチャーリーと親交を深めていったが、それが却ってケイティの苦悩を深めることにもなった。 果たして自分は普通の生活を送れるのかと。 ケイティ・プライス(雨音薫にあたる) - ()• チャーリー・リード(藤代孝治にあたる) - ()• ジャック・プライス (雨音謙にあたる) - ()• モーガン(松前美咲にあたる)- ()• マーク・リード - ケン・トレンブレット()• ポーラ・フレミング医師 - スレイカ・マシュー() 製作 [ ] 6月22日、スコット・スピアーがパトリック・シュワルツェネッガーとベラ・ソーンが主演を務める新作映画の監督に起用されたと報じられた。 10月9日、ロブ・リグルが本作に出演するとの報道があった。 2015年10月12日、本作のがで始まった。 公開 [ ] 10月、オープン・ロード・フィルムズが本作の配給権を獲得し、7月14日に全米公開すると発表したが、後に本作の全米公開日は2018年3月23日に延期されることとなった。 興行収入 [ ] 本作は『』、『』、『』、『』と同じ週に封切られ、公開初週末に500万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを下回るものであった。 2018年3月23日、本作は全米2173館で公開され、公開初週末に400万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場10位となった。 評価 [ ] 本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。 2点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』は作為的なティーン・ロマンス映画としては典型的なものである。 悪いことに、それは色素性乾皮症の不正確な描写のために際立っている。 」となっている。 なお、本作のはA-となっている。 脚注 [ ]• リアルサウンド. 2018年2月8日. 2018年2月12日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年8月21日閲覧。 2018年8月21日閲覧。 ハリウッドニュース編集部 2015年6月24日. 2015年6月24日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年11月2日閲覧。 deadline. com. 2015年10月25日閲覧。 com. 2015年6月25日. 2018年2月12日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年3月24日閲覧。 2018年8月21日閲覧。 2018年12月9日閲覧。 2018年12月9日閲覧。 2018年12月9日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

海外でリメイクされた日本の作品を4つ紹介!

タイヨウ の うた 映画

C 「タイヨウのうた」フィルムパートナーズ 最近は日本映画の話題作がハリウッドで映画化されることも珍しくはなくなってきましたが、その大半は『リング』を代表とするホラー映画のように思われます。 その中で今回ご紹介する『タイヨウのうた』は若者たちのピュアな恋を描いた青春ラブ・ストーリーで、これをハリウッドでリメイクした『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』が5月11日より全国公開されます。 ハリウッド版を見る前に、オリジナルがどんなものであったか、一緒に振り返ってみませんか? 太陽の光にあたることのできない ヒロインの生の輝き 『タイヨウのうた』は脚本家・坂東賢治のオリジナル・ストーリーを原作に映画化したものです。 ヒロインの雨宮薫(YUI)は幼いころから色素性乾皮症(通称XP)という、太陽の光にあたると身体に異常をきたす病気を抱えており、そのため昼間は外に出ることができず、日が暮れてから活動するという、昼夜逆転生活を強いられてきています。 それでも家族(岸谷五朗&麻木久仁子)の愛情や幼馴染の松前美咲(通山愛里)の友情に支えられながら幸せに暮らしている薫は、いつしか音楽に魅せられ、それが高じて夜ごと公園でストリート・ライヴを行うようになっていました。 そんなある日、いつものようにライヴをしている薫の前に一人の青年が現れます。 それは薫が幼い頃から家の窓からずっと見つめ続けていた藤代孝治(塚本高史)でした。 このあと、当然ながら惹かれ合っていく二人ですが、しかしそこには病気という壁が大きく立ちはだかっていきます……。 主演YUIの歌がもたらす勇気と希望 『ちはやふる』監督の長編デビュー作 こういったジャンルの作品は昔も今も数多く作られ続けていますが、単に難病をネタにしてお涙頂戴に持ち込むものよりも、限られた命をいかに燃やし続け、鑑賞後の観客になにがしかの勇気や希望をもたらしてくれるもののほうが圧倒的に後世に残る名作として讃えられていきます。 『タイヨウのうた』は言わずもながの後者であり、またそこにはもともとシンガーソングライターであるYUIの好演はもとより、自ら歌う歌曲の数々も大きく映画に貢献しているといってもいいでしょう。 中でも主題歌『Good-Bye days』はCDの売り上げが20万枚を計上し、映画そのものも興収10. 5億円を越えるヒットとなりました。 こうした成果もあって、この年の第30回日本アカデミー賞でYUIは新人俳優賞を受賞しています。 さらに今振り返ると、監督が『ちはやふる』3部作で日本映画界の若手旗手の筆頭となった小泉徳宏であることも特筆しておくべきでしょう。 本作は学生時代から自主映画制作で認められた彼の、映画監督としての長編デビュー作であり、1980年生まれですから若干25~26歳で大任を果たしたことになります。 韓国で、ヴェトナムで そしてハリウッドでリメイク! ちなみに本作は2006年6月に公開されていますが、翌7月から沢尻エリカ&山田孝之主演のTVドラマ・シリーズが放送されています。 こちらは映画版と比べて設定の改変も多く、結果として映画&TV双方の人気が相乗効果をもたらし、『タイヨウのうた』そのものの知名度をアップさせることにもなりました。 こういった好もしいヒットの連鎖が海外でも認められ、2010年には韓国で舞台ミュージカル化され、2013年にはヴェトナムでTVドラマ化(こちらは国内ドラマ版でスランプに陥った歌手・橘麻美役として登場した松下奈緒が同役で出演)。 そして2018年、スコット・スピアー監督によるハリウッド・リメイク『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』が日本公開となります。 ヒロイン薫にあたるケイテイには、子役出身でTVドラマ『シェキラ!』(10~13)で主役を張り、映画は『子連れじゃダメかしら?』(15)などの出演。 シンガー&モデル、さらには声優としてもマルチに活躍中のベラ・ソーン。 孝治にあたるチャーリーには、何とアーノルド・シュワルツェネッガーの実子パトリック・シュワルツェネッガーが扮しています(さほどマッチョではないようだけど、笑った顔の口元など父親そっくり!) 基本的な内容は日本版と同じではありますが、やはり華やかでにぎやかなプロム・パーティのシーンなどが挟まることで、よりアメリカナイズされた青春群像劇として屹立しています。 また日本版はヒロインの両親が健在なのに対し、ハリウッド版は父親のみという設定なのがちょっと異色ではあり、人気コメディアンのロブ・リブルが抑制を利かせたいぶし銀の名演を示してくれています。 『ミッドナイト・サン』の予習復習として、その原点である『タイヨウのうた』をぜひご覧になってみてください。 映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。 近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

次の

タイヨウのうた の レビュー・評価・クチコミ・感想

タイヨウ の うた 映画

この出だしのコードがとても心地よい。 しかもAadd9にしなければ、雨音薫(シンガーソングライターYUI)による透明感溢れる歌声にマッチしないのです。 ストロークの気だるさからも察することができるように、ギターの腕前はそれほど上手いとは思えないのですが、絶妙なアクセントを含んだコード進行からしても作曲は天才的。 気持ちがいいほど余韻たっぷりに涙を誘う映画でした。 しかも試写会帰りに車でFMを聴いていると偶然にも「good-bye days」が流れるものだから、感動のあまりこっそりとボリュームを上げすぎてしまいました・・・ごめんなさい。 泣けるかどうかなんて音楽好きの者にとっては愚問です。 横浜でのストリートライブのシーンでもう涙腺決壊ですよ。 『スウィングガールズ』でいきなり仲間が楽器を買って参加したりするシーンや、古くは『ベニイ・グッドマン物語』でライオネル・ハンプトンが突如セッションに加わるのと同じ効果なのです。 理屈抜きで音楽心を動かされ、慟哭にも似た叫び声を心の中で上げてしまいました。 難病もの、純愛もの、プロモーションビデオもの、等々とベタすぎると一蹴することは簡単なのですが、10代の頃にギターを手にした経験のある人ならばわかるはず。 Fのコードが難しいとつまずいたあの頃を思い出すに違いありません。 とは言っても、彼女は五線譜に音符や歌詞を書き留めることをしない天才肌のミュージシャンですから、素直に歌声に聞き入るだけでも満足できることでしょう。 映画そのものは、音楽映画にしては間がありすぎる点や斬新さがないといったマイナス部分もありますが、まだ25歳の監督ということなのでこれからも十分期待できる人なんでしょうね。 役者としては主人公二人よりも岸谷五朗がとても良かった。 逆に麻木久仁子はバラエティ番組の司会者に戻ってもらいたいくらいでした・・・ 雨音薫の病気は色素性乾皮症(XP)。 治療法も確立していないのに難病指定されていないそうです。 この映画がヒットすることによって、難病指定への運動が起こったりすると、映画の力を感じることができると思うのですが・・・また泣いてしまいそうです・・・ さすが『タイヨウのうた』だけある。 湘南の風景が柔らかい。 朝陽が登る直前、夕陽が沈む頃。 煌々と輝く太陽。 そして月。 こんな暗い夜道を若い女性が歩いて大丈夫かと心配になるような駅前・街並み。 両親の愛を具現化したようなアンティークじみた温かい色に包まれた部屋の調度類。 その静かな風景と対照的な、人のエネルギーが集約されているかのような横浜・六本木。 そんな場で繰り広げられる、少女漫画のような純愛。 脚本はツッコミどころ満載。 若手の演技が今一つだが、岸谷氏と、孝治のおかんがいい味出している。 ちょっと鄙びた海岸の風景の中で、昔を懐かしみたくなるようなベタな恋愛がゆっくり進み、YUIさんの透き通った歌声が心地よく響き渡る。 ゆったりと避暑に来たような、心の窓を開けたら風が吹いてくるようなそんなさわやかな小品。 ネタバレ! クリックして本文を読む 最初はYUI が好きだからみた映画だった。 でも、最後には涙涙でした。 まず最初は薫の「いやだよ。 そんなことしたら死んじゃうじゃん。 私死ぬまで生きるって決めたんだから。 生きて生きて生まくるって決めたんだから」 って、病気に前向きに向き合い、強く生きる決意をしたところで号泣でした… そして、エンディングのグッバイデイズが流れてるときの映像。 死んだ薫の歌を聞きながら、みんなが小さな幸せを感じる。 死んでしまったけど、薫のうたがラジオでながれる… 薫の生きた功績を体で感じることができる幸せがあるんだ… そのみんなの笑顔をみてたら涙が流れてた。 日本人の感情を揺さぶるいい作品だと思う。

次の