クルーク ぷよぷよ。 【ぷよぷよクロニクル】一番使われてないキャラを大雑把に調べてみた

クルークとは (クルークとは) [単語記事]

クルーク ぷよぷよ

プロフィール 生誕日 生まれ 星座 ふたご座 血液型 A型 特技 お掃除 好きなこと 苦手なもの タイプ 「バランス重視タイプ 」(チュー! 、20th共通) 概要 英語表記は「Strange Klug」。 通称「あやクル」。 『』の「はらはらコース」の最後に登場するキャラクター(いわゆる)で、がいつも所持している「」に封じ込められた 「紅きまもの」のタマシイに体を乗っ取られた姿。 つまり、正確にはクルークではなく、クルークの身体を奪ったマモノである。 ちなみに、クルークは紫色のタマシイとなってマモノの代わりに本の中にいる。 エンディングでは最終的に再び本へ封じられてしまい、元のクルークに戻った。 以下オフィシャルサイト紹介文。 途方もなく長い時間「封印のきろく」に閉じ込められていた魔物。 封印から解き放たれた紅きタマシイはクルークの体をのっとることに成功。 でも本当の体は別にいるので、いまいちノリきれず、力が発揮できないらしい。 連鎖ボイスは基本「赤」にまつわる言葉だが、最後の連鎖ボイスの「ハイドレンジア」は「」という意味を持つ。 『ぷよぷよフィーバー2』ののはらはらコースでの会話や、ふたりの最後の連鎖ボイスが同じであることから、シグ自身とはなんらかの深い関係があるらしい。 『フィーバー2』時点でのゲーム上の性能はクルークとは違い、3個・4個ぷよがやや多め。 多少使いづらいが、使いこなせば使えるキャラである。 なお、クルークが常に所持しているこの本は、『 15th』のストーリーにて、 「 返却日になったらきちんと図書館へ返しているが、その日のうちに再び借りて、ずっと一人だけで借り続けている」ことが判明。 クルークの他に誰も借りる人が居ないとは言え、あくまはそれを好ましくないと思っているようだが、 クルーク自身は「この本とボクは一心同体」と本を絶対に手放す気はない模様。 『』では、クルークのにて登場。 このためか「大人になったらあやクルに乗っ取られるのでは…」などとも噂されたりしていた。 なお、本作での組ぷよパターンはクルークのもののままである。 『』では隠しキャラクターとして、ショップで購入すると使用ができるようになる。 本作でもクルークのデザイン違い扱いのため、組ぷよはクルークのまま。 また同作では「チャレンジなぞぷよ」の対戦相手としても登場しており、 DS版では他のキャラ達よりもやや弱かったためポイント稼ぎの絶好の相手として利用されたが、 その後の移植機種ではかなり強化されたため、ポイントを荒稼ぎすることは難しくなった。 『』では「あやしいクルーク」の姿としては登場しないものの、 DLCのストーリーにて、シグが近くにいると封印が少し緩んで本のままクルークと話せることが判明。 (ただしこの話はシェゾのである可能性も高く、実際にはどうなのか不明) 関連イラスト pixivision• 2020-07-22 18:00:00• 2020-07-22 17:00:00• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 22:24:11• 2020-07-22 22:24:03• 2020-07-22 22:23:03• 2020-07-22 22:22:31• 2020-07-22 22:22:12 新しく作成された記事• 2020-07-22 22:12:12• 2020-07-22 22:00:20• 2020-07-22 21:44:18• 2020-07-22 21:29:05• 2020-07-22 21:31:28•

次の

【ぷよぷよクロニクル】一番使われてないキャラを大雑把に調べてみた

クルーク ぷよぷよ

・ここ最近がしまくってるのでそこからも調べる。 ・覚えてる限り同一人物はスルー ・同一人物の別名義や別アカウントは知ってる限りスルー ・別キャラを使用していた場合、面倒なので最初にカウントしたキャラのままでスルー なのであやふや&集計少ないです。 1位 アルル 約70人 2位 アミティ・ウィッチ 約29人 3位 りんご 約27人 4位 アリィ 約23人 5位 シグ・フェーリ・ユウちゃんレイくん 約20人 6位 カーバンクル・リデル・ラフィソル 約17人 7位 レムレス・サタン・ラフィーナ 約14人 8位 さかな王子・シェゾ 約9人 9位 クルーク・すけとうだら・まぐろ・ルルー・ドラコ・アコール先生・エコロ 約7人 10位 りすくませんぱい 約4人 1位 アルル 約70人 当然ですがぶっちぎりでした。 主人公というよりも、初期設定だとアルルというのが大きいんだと思います。 「地域未設定・アルル使い・リーグは低め・でもレートは高め・テキトーなHN」のプレイヤーに当たった時の緊張感は異常。 2位 アミティ・ウィッチ 約29人 ウィッチってたしか隠しキャラだったと思うんですが2位でした。 たしかにレートでよく見る。 人気がすごいですね。 3位 りんご 約27人 りんごは『ぷよぷよ7』の主人公。 主人公は人気あるみたいですね! 4位 アリィ 約23人 今作の新キャラ。 興味深い事にレートランキングだとアリィは比較的少な目です。 アリィファンの方々はさっそくランキングを占領しましょう。 この辺のキャラもレートでよく当たります。 これは個人的なアレなんですがフェーリを使う人はやたら中盤うまいです。 シグを使う人はやたら本線火力が高いです。 ユウちゃんレイくん使う人はレートが不安定です。 6位 カーバンクル・リデル・ラフィソル 約17人 ラスボスのラフィソルめちゃ人気でした。 カーバンクルがこの順位に来たのはfron配信のスナイプ勢効果がちょっとあります。 これは個人的なアレなんですがカーバンクルを使う人はみんな連鎖か名前が変わってます。 ラフィソル使う人はなんか連携が鋭くて怖いです。 7位 レムレス・サタン・ラフィーナ 約14人 レムレスって結構いるイメージだったんですが結果はこの位置でした。 これは個人的なアレなんですがラフィーナ使う人は対応がうまいです。 レムレス使う人は全体的な判断が何かと冷静です。 サタンは知らん。 8位 さかな王子・シェゾ 約9人 シェゾってめちゃ人気あるイメージなんですが、考えてみればレートでシェゾ使いにそんな当たりません。 さかな王子のボイスチェンジすき。

次の

あやしいクルーク (あやしいくるーく)とは【ピクシブ百科事典】

クルーク ぷよぷよ

プロフィール 生誕日 生まれ 星座 ふたご座 血液型 A型 特技 お掃除 好きなこと 苦手なもの タイプ 「バランス重視タイプ 」(チュー! 、20th共通) 概要 英語表記は「Strange Klug」。 通称「あやクル」。 『』の「はらはらコース」の最後に登場するキャラクター(いわゆる)で、がいつも所持している「」に封じ込められた 「紅きまもの」のタマシイに体を乗っ取られた姿。 つまり、正確にはクルークではなく、クルークの身体を奪ったマモノである。 ちなみに、クルークは紫色のタマシイとなってマモノの代わりに本の中にいる。 エンディングでは最終的に再び本へ封じられてしまい、元のクルークに戻った。 以下オフィシャルサイト紹介文。 途方もなく長い時間「封印のきろく」に閉じ込められていた魔物。 封印から解き放たれた紅きタマシイはクルークの体をのっとることに成功。 でも本当の体は別にいるので、いまいちノリきれず、力が発揮できないらしい。 連鎖ボイスは基本「赤」にまつわる言葉だが、最後の連鎖ボイスの「ハイドレンジア」は「」という意味を持つ。 『ぷよぷよフィーバー2』ののはらはらコースでの会話や、ふたりの最後の連鎖ボイスが同じであることから、シグ自身とはなんらかの深い関係があるらしい。 『フィーバー2』時点でのゲーム上の性能はクルークとは違い、3個・4個ぷよがやや多め。 多少使いづらいが、使いこなせば使えるキャラである。 なお、クルークが常に所持しているこの本は、『 15th』のストーリーにて、 「 返却日になったらきちんと図書館へ返しているが、その日のうちに再び借りて、ずっと一人だけで借り続けている」ことが判明。 クルークの他に誰も借りる人が居ないとは言え、あくまはそれを好ましくないと思っているようだが、 クルーク自身は「この本とボクは一心同体」と本を絶対に手放す気はない模様。 『』では、クルークのにて登場。 このためか「大人になったらあやクルに乗っ取られるのでは…」などとも噂されたりしていた。 なお、本作での組ぷよパターンはクルークのもののままである。 『』では隠しキャラクターとして、ショップで購入すると使用ができるようになる。 本作でもクルークのデザイン違い扱いのため、組ぷよはクルークのまま。 また同作では「チャレンジなぞぷよ」の対戦相手としても登場しており、 DS版では他のキャラ達よりもやや弱かったためポイント稼ぎの絶好の相手として利用されたが、 その後の移植機種ではかなり強化されたため、ポイントを荒稼ぎすることは難しくなった。 『』では「あやしいクルーク」の姿としては登場しないものの、 DLCのストーリーにて、シグが近くにいると封印が少し緩んで本のままクルークと話せることが判明。 (ただしこの話はシェゾのである可能性も高く、実際にはどうなのか不明) 関連イラスト pixivision• 2020-07-22 18:00:00• 2020-07-22 17:00:00• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 22:24:11• 2020-07-22 22:24:03• 2020-07-22 22:23:03• 2020-07-22 22:22:31• 2020-07-22 22:22:12 新しく作成された記事• 2020-07-22 22:12:12• 2020-07-22 22:00:20• 2020-07-22 21:44:18• 2020-07-22 21:29:05• 2020-07-22 21:31:28•

次の