体がえらい。 体が重い場合に考えられる原因と改善方法 考えられる病気を解説

立ってるのがしんどい、立っていられない?⇒この病気かも

体がえらい

「えらい」に「立派」という意味がない場合、「疲れた」や「大変」、「だるい」といった、ややネガティブな意味で使われます。 このため方言で「体がえらい」と使っている場合は、「立派な体格をしている」という意味ではなく「体が疲れた」とか「体がだるい」といった不調の状態を意味するものです。 「えらい」の語源は江戸時代にさかのぼり、ネガティブな意味で使われていたというものでした。 加えて語源の意味で使われていた地域も上方(京都や大阪などの関西圏)が主でした。 さらに突き詰めると「いらし(苛し)」という語が語源になっています。 「いらし」は「せっかち、短気」という意味ですが、これが変化して「えらい」になったという説があるほどです。 さらに江戸で使われるようになってから「立派な」や「高貴な」という現代でも使われる意味も加わりました。 「えらい」は主に関西弁として使われますが、実は同じ関西でも「えらい」の使い方が地域で若干異なります。 【大阪】 まず「えらい」発祥の地である大阪の場合は、「疲れている」のほかにも「大変」や「とても」、「常識外れ」など意味が多いです。 京都や兵庫の場合も「つらい」や「すごく」と大阪と似たような使い方をします。 【奈良】 大仏で有名な奈良でも大阪などと似たような使われ方をしますが、特殊な意味で「賢い」もあるため、奈良の観光地などで「えらい」と言われたら、場合によっては喜んで良いです。 【北海道】 ほかにも関西から遠く離れた北海道でも関西弁と同じような意味で「えらい」が使われます。 これは明治時代に北海道開拓が盛んだったころに奈良県からの移民が多かったためです。 【九州】 加えて九州でも「すごく」という意味で方言の「えらい」が使われます。 「えらい」は実際にどのような使われ方をするのでしょうか。 関西弁で広く使われている意味の方言「えらい」の使い方を見ていきますと、以下のようになります。 「なんだか体がえらい」(なんだか体がだるい)• 「えらいこっちゃ、隣のスーパーで強盗やで!!」(大変だ、隣のスーパーで強盗だ!!)• 「えらくぎょうさん買うたんやな」(とてもたくさん買ったんだな)• 「あんた、ずいぶんとえらいバッグ持ち歩いているんやな」(あなた、ずいぶんと常識はずれなバッグを持ち歩いているんだね) 奈良で「賢い」を意味する「えらい」は以下のような使い方です。 「息子さん、ずいぶんとえらいことゆうてるの」(息子さん、ずいぶん頭のいいこと言ってますね) さらに九州での「すごい」を意味する場合はこちらです。 「このラーメン、えらくうまかとよ」(このラーメン、すごくおいしいよ).

次の

「体がエライ」という方言はどのあたりの地域まで通用しますか。私は静岡県 【OKWAVE】

体がえらい

体に表れるふたつの症状とは? 糖尿病の代表的な症状としてあげられるのが、「体のだるさ」と「食べても痩せていく」というものです。 日常生活を送っていると、しっかり眠っても疲労感が消えなかったり、倦怠感が残ったり、仕事や家事に意欲的になれなかったりということもあるのではないでしょう。 これらは糖尿病の方に限らず誰にでも起こり得るものですが、糖尿病の方の場合はこの状態が慢性的に続きます。 これにより、仕事に悪影響を及ぼしたり、精神的につらくなったりなどの問題が生じてしまうことがあるのです。 やる気が起きずに一日中眠っていることで周りの人に「サボっている」と非難され、衝突してしまうということもあるかもしれません。 このふたつの他にも、糖尿病の症状にはさまざまなものがあります。 例えば、「すぐに喉が乾く」「トイレに行く回数が多い」「手足のしびれ」などです。 また、糖尿病が進行すると、「網膜症」や「神経障害」、「腎臓機能の低下」などの合併症が引き起こされることもあります。 進行するほど症状は重くなり、場合によっては命に関わるほどの重大な症状、例えば「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの病気が引き起こされることもあるのです。 そうならないためにも、糖尿病の代表的な症状ともいえる「体のだるさ」と「食べても痩せていく」というふたつの症状に早めに気付くことが重要なのです。 症状は「糖代謝の異常」により引き起こされる 「最近、体のだるさが続いている」「どれだけ寝ても疲れがとれない」「食べても太れなくなった」などの状態に心当たりはありませんか?こういった状態は、体内の細胞に栄養がきちんと行き渡っていないことが原因で引き起こされるといわれています。 人間の細胞は全部で60兆個以上あるといわれています。 この60兆個の細胞が集合して生まれたのが人間で、私たちが元気を維持するためには60兆個の細胞一つひとつに栄養を届けなくてはなりません。 そんな細胞の栄養となるものが「ブドウ糖」です。 食事をすると体内で食品が消化・分解され、ブドウ糖へと変化します。 このブドウ糖が一つひとつの細胞に送り届けられ、細胞が元気になることで、健康的な体を維持できるのです。 これを踏まえると、慢性的な倦怠感や疲労感は、体が発する「細胞に栄養が届いていません」というサインであると考えることができます。 加えて、栄養不足に陥った細胞は、体内の脂肪やタンパク質に蓄えられてある「グリコーゲン」から栄養を補おうとします。 脂肪を分解・燃焼して栄養を摂取することで、体はどんどん痩せていきます。 また、筋肉の元であるタンパク質からも栄養を摂取することで、体の筋肉まで落ちてしまいます。 これにより、どれだけ食べても痩せていくという症状が出てしまうのです。 このように、細胞が栄養をキャッチできない状態のことを「糖代謝の異常」といいます。 糖代謝の異常が続くと、血液中にブドウ糖が蓄積され、やがて高血糖の状態を引き起こします。 そして、高血糖の状態が続くことで糖尿病が発症してしまうのです。 つまり糖尿病の発症を防ぐためには、早めに糖代謝の異常に気付くのはもちろん、状態が悪化しないよう対策を行う必要があるといえます。 細胞が栄養を取り込めない理由とは? 糖代謝の異常と深く関わっているのが、「インスリン(インシュリン)」と「インスリン受容体」です。 インスリンとは、膵臓のランゲルハンス島という組織で生成される物質のことで、臓器に栄養を送り込んだり、タンパク質の合成や細胞の増殖を促したりといった働きを担っています。 インスリン受容体は、細胞のインスリン作用を引き起こすタンパク質です。 糖代謝において、インスリンは「鍵」で、インスリン受容体は「鍵穴」であると例えられています。 鍵穴(インスリン受容体)に鍵(インスリン)を差し込み、細胞の扉を開き、細胞内にブドウ糖を送り届けるという仕組みです。 もちろん、鍵(インスリン)と鍵穴(インスリン受容体)がきれいにはまらなければ扉は開きません。 細胞に栄養を届けるためには、インスリンが必要不可欠であり、さらにはインスリンとインスリン受容体がぴったりとはまっている必要があるのです。 しかし、糖尿病や糖尿病予備群の方の場合、健康な方と比較してインスリンの分泌量が少なく、また鍵(インスリン)と鍵穴(インスリン受容体)がはまりにくいといわれています。 これにより、細胞までブドウ糖を行き渡らせることができず、慢性的な疲労感や倦怠感、食べても太れないなどの問題が発生してしまうのです。 糖代謝の異常を改善するためには、まず血液中のインスリンの量を正常に戻す必要があります。 そのために重要になるのが日々の食生活です。 高カロリーの食事を摂取すると、血液中に大量のブドウ糖が作られます。 この大量のブドウ糖を処理するためには、それだけ多くのインスリンが必要となります。 そのため、高カロリーな食事を続けていると、やがてインスリン不足やインスリンの機能低下などが引き起こされ、糖代謝の異常ひいては糖尿病の発症につながる恐れがあるのです。 糖尿病を発症させないためにも、定期的に食生活の見直し・改善を行うことをおすすめします。

次の

体が重い場合に考えられる原因と改善方法 考えられる病気を解説

体がえらい

体がだるい原因は? 実は体がだるく感じる原因は、一つではありません。 主な原因を挙げるとすれば以下のようなことが考えられます。 食生活の偏りによる栄養不足• 低血圧• 頭の使い過ぎ• ストレス• 肝機能の低下や更年期障害などの病気• 精神的な疾患 夜更かしや過労なども体がだるくなる原因ですが、これらは十分な休息を得ることで回復することが多いでしょう。 問題なのは体のだるさが長期的に続く場合です。 いつまでたってもだるさが取れない場合は、単なる疲労と捉えずに詳しい原因を探る必要があります。 朝に眠気や体のだるさがある場合の原因は? 朝起きると、しっかりと寝たはずなのに眠気が残っていたり、体がだるいと感じることはありませんか。 この場合、就寝時に本来働くはずの副交感神経が上手く作動していないことが考えられます。 副交感神経にはリラックスを促し、体の疲れやダメージを回復させる効果があるのですが、1日の中で副交感神経が優位になる時間が長いのが睡眠時です。 しかし、日中に活動的で緊張状態を持続させる交換神経が優位になっていると、脳を始め全身は全く休まりません。 このため、寝ているにも関わらず休んだ気がせず体がだるい状態になってしまうのです。 頭痛や吐き気があり体がだるい場合の原因は? 頭痛や吐き気などの症状を伴う体のだるさの原因には、自律神経の乱れが考えられます。 自律神経とは、活動的で緊張した状態を作り出す交換神経と、リラックスやダメージの回復を促す副交感神経に分かれており、交換神経は主に昼間に優位になり副交感神経が夜に優位になります。 交換神経が優位な昼間は活動的になり、仕事を始め家事や育児、スポーツなどが積極的に行えるのもこの交換神経が働いているためです。 逆に夜になると優位になる副交感神経は、リラックスを促し昼間に受けたダメージを回復する機能に優れています。 また、副交感神経は寝ている時に最も働きがピークとなりますが、お風呂に入っている時や好きな音楽を聞いている時なども優位になっています。 このように、昼と夜とで交感神経・副交感神経の切り替えが上手く行われていれば問題ないのですが、ストレスが強く掛かるとこのバランスが崩れてしまい、体のだるさや疲労感を感じるようになります。 さらに自律神経は全身に作用しているので、脳や胃腸へもダイレクトに乱れが伝わり、頭痛や吐き気などの不快症状は現れてしまいます。 熱はないのに体がだるい時の原因は? 熱がないにも関わらず、体がだるいと感じる原因として考えられるのが貧血です。 貧血とは、体の隅々まで酸素を運ぶために必要なヘモグロビンが減少することで起こる症状です。 言わば体内が酸欠状態に近くなるため、体がだるくなってしまうのです。 女性の場合、生理になると貧血になりやすいので、特に体がだるいと感じることが増えるかも知れません。 また、頭を使い過ぎると脳がブドウ糖やアミノ酸の不足状態に陥り、集中力の低下や体のだるさを感じることがあります。 体がだるい時の解消法や対処法はコレ! 体のだるさを感じたら、質のよい睡眠をとることを心掛けましょう。 7~8時間寝ているのに疲れが取れない、という方は、「質のよい」という部分が欠けているのかも知れません。 質のよい睡眠とは、ノンレム睡眠のことを言います。 人は眠っている時、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。 この時レム睡眠時というのは、実は脳は起きていて活動をしていると言われています。 一定の睡眠時間を確保しているにも関わらず疲れが取れないという方は、レム睡眠の割合が多いからだと言われています。 一方のノンレム睡眠は脳も休んでいて副交感神経が優位になっている時間です。 このノンレム睡眠をしっかりととることが質のよい睡眠になるのです。 そして、質のよい睡眠をとるためには、寝る前の行動がとても大切になってきます。 食事は寝る2時間以上前には終わらせ、お風呂も1時間以上前に入るようにしましょう。 カフェインなどが入った飲み物は避け、パソコンや携帯電話は寝る直前まで見るのはやめるようにします。 さらに、毎日20~30分程度ウォーキングやジョギングなどの運動をすることも、質のよい睡眠を得る方法として効果があります。 体がだるい時に効く食べ物は? 体のだるさを回復してくれる食べ物というのは数多くありますが、中でもお勧めなのが 鶏肉です。 鶏肉に含まれるイミダペプチドは、疲労回復効果だけではなく自律神経の調整作用もあるので、体がだるいと感じる様々な条件に合いやすい食材です。 また、鶏のから揚げにはレモンが添えられていますが、これにもきちんと意味があります。 レモンに含まれるクエン酸には疲労回復や消化促進の効果があるので、鶏肉と一緒に食べることで体のだるさはより改善されやすくなると言われています。 まとめ 体のだるさを感じたら、まずは一日ゆっくりと休んでリラックスすることを心掛けましょう。 また、スナック菓子や糖分の多いお菓子ばかりを食べていると、体が必要な栄養素が足りなくなって体がだるく感じることもあるようですので、食生活の見直しも体の機能を回復させる重要ポイントです。 それでもだるさが抜けないようなら、だるさを生じさせる病気や疾患が隠れている場合もあります。 特に沈黙の臓器と言われる肝臓は他に症状が出たら重症化している可能性もありますので「たかが体がだるいだけ」と思わずに、早めに病院を受診して調べてもらうことも大切です。

次の