スレッドタイトル検索。 [B! 検索] スレッドタイトル検索

5chスレタイ検索 スレッドタイトル検索

スレッドタイトル検索

ネットで「メタタグ」とかいうものを入れるとよいと読んだので、「サイトのトップページ」に下記のものを入れています。 これを入れると、下層ページである「掲示板」もクロール許可されると思っていました。 (もちろん、許可するだけであり、クロールを約束するものではないとわかっています) でも「掲示板」へのリンクは「外部へのリンク扱い」で「下層ページ」には該当しないのかなという気もしてきました。 「掲示板」にも上記と同じ「メタタグ」を入れた方がよいのでしょうか? しかし「このような設定は、わざわざすることでもない」と解説している下記のサイトもあるので、よくわかりません。 あなたが確認された掲示板にユーザーIDの他に「HOST:xxxxxxxxxxx. hyg2. yyyyy. jp」のような表示が有れば、そのホスト名が投稿時に使われたグローバルIPアドレスに変換できる端末(ルーター、PC等)です。 ホスト名の表示が無ければ閲覧者には分かりません。 ホスト名から探索可能な範囲は都道府県名と大まかな地域の範囲と回線の種類程度です。 利用者の住所、氏名などは利用者が契約しているプロバイダーに照会しないと分かりません。 プロバイダーは紹介しても教えてくれません。

次の

JaneStyleスレッドタイトル検索出来ない問題

スレッドタイトル検索

はてな URLはダミーです。 もともとコンピュータの世界でのスレッドというのは、memory空間を共有するプロセスという意味なのですが、そこから転じて「意味を持った一連の流れ」として使われるようになりました。 最初はNetNewsの世界でだったと思います。 某大型掲示板のスレッドなんかその最たる例です。 ツリーなのかどうかは、スレッドすなわち意味の流れをどのように見せるかでしかありません。 スレッドという言葉には、ツリーかどうかという意味は一切含まれてないです。 人力検索はてな - 掲示板やMLなどでよく「スレッド」という言葉を耳にしますが、 これは「ツリー表示可能な一連の議論の記録」という意味でしょうか。 それとも、 ただ単に「スレッド」は「.. URLダミーです。 スレッドとは「一連の議論の記録」で、ツリーとはその表示形式になります。 ?「スレッド表示」という用語は、 本来の「スレッド」の定義からすると、 誤解を生みやすい表現でしょうか。 いいえ。 むしろ一般的 ただし、そのスレッドがどんな表示形式で表示されるかは「分かりにくい(明示されていない)」 ツリーとは階層を明示する形式なので、ツリー形式を用いるなら(スレッドの)ツリー形式と言うのが分かりやすい。 「りんごスレッド」 ---すき! ---嫌い! -どうして? ---RE:りんごスレ 上記の「表示形式」がツリー。 「りんごスレッド」 すき! 嫌い! どうして? RE:りんごスレ 上記の「表示形式」はスレッドの一覧表示であり、「ツリー表示」ではない。 「嫌い!」とそれへのレスである「どうして?」との関連性がわからない事に注目 例えば家系図はツリー。 (関連性を重視) そこに載っている名前が「スレッド」 名前の一覧(名簿)はスレッドの一覧にはなるけど、ツリー(系図)には成り得ない。 こんなところでどうでしょうか 回答ありがとうございます。 1. えと、その本来の意味とは、 プログラミング言語の方のスレッドの方でしょうか? いや、そこまでは言ってないです^^ 僕のようにスレッドというと、 ツリーを思い浮かべてしまう人のことです(汗。。。 そこまで勘違いする人はさすがにいないですね^^ 2. 様々な表示形式があるのは分かりました。。。 各用語の定義や実装方法の統一規格みたいなものはなさそうですね。 しかし、ご呈示いただいたURLですと、 ツリー表示、スレッド表示、トピック表示の各実装がハッキリしていますので、 他のサイトと実装形態が多少違っているとしても、 これでしたら問題ないですね。 Yahoo!

次の

Janeでスレッドタイトル検索ができない時の対策

スレッドタイトル検索

任意のbbsmenuからボード一覧を生成します。 ボードデータを再読込します。 手動で編集したときなどに使います。 ボードデータを直接開きます。 手動編集したいときなどに使います。 マイボードに板を追加します。 任意の名前と板のURLを入力するだけで外部板を登録できます。 マイボードを直接開きます。 手動編集したいときなどに使います。 書き込みログを開きます。 今までの書き込みを見たい時などに使います。 のIDとパスを使ってログインします。 IDとパスは設定画面で入力しておきます。 からログアウトします。 今開いているスレッドのHTMLを「名前を付けて保存」する事ができます。 今開いているスレッドのdat(生データ)を「名前を付けて保存」する事ができます。 既得ログなどを開いたときに差分取得をしなかったり、板にアクセスしても既得ログしか表示しなくなります。 通常Live5chはdatが見つからなかったときに過去ログを探しに行きますが、これにチェックをしておくと過去ログを探しません。 Live5chを終了します。 現在開いているスレッドを再読込します。 保持しているログを破棄し、全てのレスを再取得します。 読み込み中の板やスレの読み込みを中止します。 アドレスバーに表示されているURLをブラウザに渡します。 クリップボードのURLをLive5chで開きます。 スレッドのURL以外は受け付けません。 レス表示欄で数字を選択してからこれを実行するとポップアップして表示します。 通常F4をおします。 現在のスキンを再読込します。 編集したときなどにすぐに反映できます。 現在のスキンが保存されているフォルダを開きます。 現在のスキンのsetting. sknをメモ帳で開きます。 スキンを選択します。 レス表示欄の文字サイズを変更します。 IEの設定と連動しています。 スレッドランキングのスレッドタイトル検索を利用して、5ちゃんねるの全ての板からキーワードでスレッドを検索します。 内蔵ブラウザで検索します。 様々な検索サイトを利用できます。 現在表示されているスレッド一覧に更新チェックをかけます。 但し、スレッド一覧の場合はリロードになります。 お気に入りに更新チェックをかけます。 最近読み込んだスレッドに更新チェックをかけます。 最近書き込んだスレッドに更新チェックをかけます。 俺様用しおりを挟んだスレッドに更新チェックをかけます。 任意のスレッド倉庫や倉庫グループに更新チェックをかけます。 任意の板に新規スレッドを立てます。 Live5chの書き込みは通常メインウィンドウにドッキングしていますが、これは別窓です。 任意の板の看板とローカルルールを閲覧します。 表示中のスレッドを特定のキーワードで絞り込み表示します。 ローカルあぼ〜ん(ユーザー任意のあぼーん)を管理します。 保存したスクラップを閲覧します。 ログを一括で削除したりできます。 板が移転したときに追尾し、ログを新しい板に移動します。 通常は板が移転したときに自動で動きます。 最後の書き込みを書き込み欄に復帰させます。 現在開いているスレの次スレッドを検索し表示します。 1000まで達したスレなどで使います。 スレッド一覧で太字になっているスレを開きます。 選択範囲の文字列をテキストで保存します。 選択範囲の文字列をAA入力支援い追加します。 次のタブに移動します。 前のタブに移動します。 アクティブなタブを閉じます。 全てのタブを閉じます。 スレッドあぼ〜んしたスレを復帰させます。 書き込んだ名前の履歴をクリアします。 書き込んだメールの履歴をクリアします。 ソフトウェア板のLive5chスレの質問テンプレをある程度まで自動生成します。 初回起動時に表示される設定ウィザードを任意に表示します。 Live5ch配布ページを開きます。 のサイトを開きます。 最新のインフォメーションやバージョンアップ情報を表示します。 Live5chがインストールされているフォルダを開きます。 バージョン情報を表示します。 引用符付きでレスを書き込み欄に挿入します。 名前を書き込み欄に挿入します。 IDを書き込み欄に挿入します。 しおりを挟みます。 読みかけのスレにしおりを挟んでおくと、次回そこから読み返せます。 しおりを取ります。 レスのURLをコピーします。 レスに引用符をつけてコピーします。 レスをあぼ〜んします。 あぼ〜んしたレスは次回表示以降表示「あぼ〜ん」と表示されます。 レスを透明あぼ〜んします。 透明あぼ〜んしたレスは次回表示以降見えません。 IDをNGワードに追加します。 IDでレスフィルタをかけます。 名前でレスフィルタをかけます。 上記機能で複数同時に実行可能なものを範囲指定で処理できます。 板名とURLをコピーします。 「スレッド倉庫」の場合のみ表示されます。 任意のスレッド倉庫を作ります。 「倉庫グループ」の場合のみ表示されまs。 任意の倉庫グループを作ります。 該当板の既得ログのみを表示します。 dat落ちしたスレッドなどを読むとき似使います。 選択されたスレッド倉庫に登録されている全スレッドの登録を削除します。 最近読み込んだスレなどを取っておきたいときにスレッド倉庫として取っておくことができます。 板のIEで表示したときのような、スレッドフロート型表示をします。 IEでスレ一覧を見たときのような、横にずらずら並べたスレッド一覧を表示します。 板ボタンに登録します。 板、カテゴリどちらでも登録できます。 「スレッド倉庫」の場合のみ表示されます。 スレッド倉庫を削除します。 スレッドのURLをコピーします。 スレッドのタイトルをコピーします。 スレッドのタイトルとURLをコピーします。 スレッドをブラウザで開きます。 メモを入力できます。 そのスレッドを表示されなくできます。 但し、お気に入りなどに入っているものは見えます。 定期更新チェック対象に指定します。 xxxxxxxには、現在の倉庫やお気に入りが表示されます。 そこから削除できます。 ログを削除します。 ツールバー 左から順に「ログイン」「中止」「新規スレッドを立てる」「ローカルルール&看板表示」「更新チェック」「新規タブ」「クリップボードのURLを開く」「NGワード有効」「表示モード切替」「ボード一覧表示」「スレッド一覧表示」「レス表示欄表示」「書き込み欄表示」が割り当てられています。 NGワード有効は、設定画面で設定したNGワード機能を有効にします。 「表示モード切替」は、デフォルトのOutLook調の3 4 ペイン表示から、縦3列への表示に切り替えます。 「ボード一覧表示」「スレッド一覧表示」「レス表示欄表示」「書き込み欄表示」は、それぞれ各ペインの表示状態を切り替えられます。 左から順に「実況モード切替」「スレッドのリロード」「中止」「オートリロード」「オートスクロール」「レスフィルタ」「フロート書き込み」「表示レス数変更」「お気に入りへの追加」「ログの削除」「スレッドを閉じる」が割り当てられています。 実況モード、オートリロード、オートスクロールに関することは機能説明で解説します。 表示レス数変更は、現在の表示レス数を変更できます。

次の