コンビニ 24 時間 営業 デメリット。 コンビニ「24時間営業」問題点、コンビニ加盟店が勝手にやめると何が起きるのか。

コンビニ24時間営業のメリットとデメリット?素人なりにまとめてみた

コンビニ 24 時間 営業 デメリット

日本でスーパーマーケットは住宅地の密集している地域の近くや人口密集地の近くなどに広く分布しています。 人口が多いと相対的に訪れる人も多いです。 その中には24時間営業を実施している店もあります。 いつでも店が開いていれば利用者・消費者にとってはメリットかもしれませんが、立地場所や来客数によっては24時間営業を実施しない店もあるのです。 今回はスーパーマーケットにおける24時間営業の是非について考察していきます。 24時間営業は必要、それとも不必要? 一見すると24時間営業は便利かもしれませんが、中にはそのように思っていない人もいます。 24時間営業は必要なのかどうか以下にメリットとデメリットに分けて考察していきます。 24時間営業のメリット 消費者側および経営者側の視点から24時間営業のメリットについて箇条書きに記しました。 いつでも好きな時に欲しい商品が買える• 灯りが灯っていることで夜間の治安維持に一役かっている• 人口密集地に出店すれば長時間客足が遠のくことがなく安定的な収益につながる 全員が全員日中に買い出しにいけるわけではありません。 そんな時に夜間でもスーパーマーケットが営業していれば必要なものを買うことができるのです。 またマンションなどが立ち並んでいるような人口密集地の近くに立地していたら、100人のうち少なくとも数人は夜間でも買い出しに来ますので、経営者側からすれば深夜帯が無駄な時間帯になりにくくなります。 24時間営業のデメリット こちらも同様に、消費者側および経営者側の視点から 24時間営業のデメリットについて箇条書きに記しました。 『広告の品』の対象外となる時間帯が発生し、購買意欲が削がれる• 深夜帯は客足が遠のき利益につながらず、無駄な人件費を費やしてしまう• 従業員の負担が重く、眠気と戦いながら業務をこなさなければならずサービス面での質の低下につながる 24時間営業は夜間も営業をするわけですので、当然人件費がかさみます。 労働基準法第73条では午後10時から午前5時 例外規定アリ 働いている従業員に対して通常よりも賃金の計算額の最低25%割り増しして支払わなければなりません。 また従業員によっては健康面などで影響が出る場合もあり、接客などのサービス低下につながってしまいます。 かつて24時間営業に違和感はなかったのだが… 1990年代ぐらいまでは24時間営業はスーパーマーケットはおろか、コンビニでは『常識』とさえ思われていたほどです。 しかし最近では働き方改革などの影響もありコンビニ業界の24時間営業離れは加速しています。 また24時間営業を行っているスーパーマーケットでは夜間で働く人材が不足してきており、より賃金を上乗せして募集するなどをして夜間で働く人材の確保に必死な状況です。 消費行動の変化というよりも、世の中の流れを理由として、利便性の追求については、ベクトルが徐々に変化しています。 一方で外食離れの傾向が進んでおり、フードロスについての意識も高まっていますので、家庭で調理することを前提とした生鮮食品を、品質を維持するための、デリバリーするための仕組みなどについての取り組みが進んでいくかもしれません。

次の

コンビニの24時間営業はいつから?デメリット多くて今後は廃止?

コンビニ 24 時間 営業 デメリット

この記事の目次• そこで、コンビニの歴史を調べてみると、諸説あって定かではないそうですが、 コンビニ自体は、1974年に東京都江東区の豊洲でオープンした、セブンイレブンが日本の1号店になるそうです。 でも、その頃は深夜、お店は閉まっていました。 やっぱり最初からではないんですね! まず、24時間営業をし始めたのは、 アメリカだそうです。 深夜に営業をすると、昼間の売り上げが上がるというデータがあり、それから日本にも広まったようです。 若者のたまり場になりやすい(働く側)• 働く側の健康面が不安である(働く側)• 光熱費や人件費が利益を上回り、利益が出ない店舗もある(オーナー側) 若者がたむろしたり、迷惑行為があると、近隣住民にも迷惑がかかることだってありますよね。 やっぱり、働く人も昼夜逆転で体調を崩す人もいるでしょう。 コンビニの24時間営業は必要か?ツイッター調べ 正直、私は夜中に何か目的を持ってコンビニに行くことが、今までもなかったので、必要とまではいかない気もします。 開いてるから寄るということはありましたが、特に夜中に何か必要になることもなく…。 今、ただでさえ労働者が減っている時代で、夜中に明々電気をつけて営業をする意味があるのかと私も思っていたし、お店側もデメリットのほうが多いと判断したのでしょうね。 まとめ 私達の生活には、当たり前にある24時間営業のコンビニもデメリットを考えると、すかいらーくのように、見直される時代がいつかくるかもしれません。 今は人間のかわりにロボットが活躍する時代ですし、これからの日本がどうなるのか、ちょっと楽しみでもあります。

次の

コンビニの24時間営業はいつから?デメリット多くて今後は廃止?

コンビニ 24 時間 営業 デメリット

コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパンが24時間営業の短縮実験を行うことになった。 同社は基本的に24時間営業の堅持を望んでいると思われるが、実証実験の結果次第では方針が見直される可能性も出てきた。 セブンをはじめとするコンビニ各社が24時間営業にこだわってきた理由や今後の展開について考えてみたい。 フランチャイズと本部が対立 セブンは3月中旬から全国の直営店10店舗で営業時間を16時間に短縮した店舗運営の実験を開始する(その後、直営店以外も対象に加える方針を決定)。 実験は数ヶ月間行われ、売上高や客単価の動向などを分析する。 同社はオフィスや駅構内など一部の店舗を除いて24時間営業を原則としている。 近年、人手不足が社会問題となっているが、それでも同社は24時間営業を堅持する方針を貫いてきた。 そんな同社が実証実験に踏み切るきっかけとなったのが、大阪府内で営業する加盟店オーナーとの対立である。 東大阪市で営業する加盟店オーナーが人手不足を理由に営業時間を2月から19時間に短縮したが、セブンは契約違反であるとしてオーナーと対立。 この問題を受けて全国のフランチャイズ(FC)オーナーで組織する「コンビニ加盟店ユニオン」はセブンに対して団体交渉の申し入れを行ったが、セブン側は拒否する姿勢を示している。 〔PHOTO〕iStock 24時間営業をやめた加盟店に対しては、1700万円の違約金支払いと契約解除を通告するなどセブン側は厳しい姿勢を示しているとされるが、そうした中での短縮実験開始というニュースに業界では様々な噂が飛び交っている。 セブンがいよいよ24時間営業の見直しに動く可能性について指摘する声もある一方、今回の実験は単なるガス抜きのポーズに過ぎないという声や、逆に24時間営業の妥当性を示すための施策であるとの見方もある。 本当のところは分からないが、これまで頑なに24時間営業にこだわってきた同社が、実証実験に踏み切ったのは大きな変化といってよい。 競合のファミリーマートも同様の実験を開始しているほか、ローソンは一部店舗の営業時間短縮を実施している。 フランチャイズ本部とオーナーの力関係が変化してきたのは間違いないだろう。 ではセブンをはじめコンビニ各社はなぜ24時間営業にこだわってきたのだろうか。 意外に思うかもしれないが、それは昼間の時間帯の売上高を伸ばしたいからである。

次の