埼玉 コロナ 感染 者 数。 埼玉県のコロナウイルスの感染者数情報がここで確認できます!

埼玉県のコロナウイルスの感染者数情報がここで確認できます!

埼玉 コロナ 感染 者 数

Contents• コロナ感染隠し! 【 コロナ感染隠し】と罵られても仕方がない愚かな行為ですよ。 埼玉県のコロナ感染者数が少ないのは西田道弘保険所長が検査を抑えていたからだった! 保健所が正確なコロナ感染者数を把握し公表しないで、正しいコロナ対策が行えるか!? 行える訳がありません。 誰が出来ますか? こんな単純な真理が分からないとは…即刻クビにすべき男か!…いや、埼玉県人がコロナに感染したら、この男に損害賠償請求すべきかと… 病院関係者や保健所職員はコロナ感染を抑え込むために、医療崩壊寸前のところで、皆頑張っているものだとばかり思っていました。 感謝の念を絶やしてはいけないと思っていました。 それがそうではなく、一番責任を感じなければいけない西田道弘保険所長自らが検査件数を抑え込んでいたとは…いやぁ~、呆れました。 「愚か者」の一言に尽きます。 保健所職員の努力が帳消しにされてしまうほどの愚行ですね。 コロナの症状があるのに、検査をして貰えなかった感染者の不安はいかばかりだったか…検査で判明するまでどんな思いを抱えたまま、入院までの日々を過ごされていたか。 また、検査をしなかったことで無症状の人達が炙り出されることなく無自覚のまま、どれだけ感染を拡げてしまったか、こうしたことを思いやるのが、この所長にはなかったのでしょうか。 所長失格ですね。 直ちにクビにすべき人間かと…。 懲戒免処分にすべき犯罪行為ですよ。 埼玉県の患者数が少ないのは西田道弘保険所長の操作があった! 東京近県でコロナ感染者数が少ないところは、今一度こんな愚かな所長がいないか、詮索した方が良いかも…それの方が間違いないかも知れません。 保健所職員の奮闘を帳消しにしてしまう愚かな行為。 人口、感染者ともに少ない千葉市は同日時点で4倍以上の 700件を超えているのですから。 (これでも少な過ぎ!?) 政府が、厚生省が検査件数を抑え込んでいた、指導していたという噂・疑惑が再浮上してきそうな気配がします。 次の第2弾の告白が待たれます。 なぜ、今ここで西田氏が告白したのでしょうか?隠しきれなくなった? 西田氏は、軽症や無症状の患者で病床が埋まるのを懸念したと説明。 「検査を広げるだけでは、必要がないのに入院せざるを得ない人を増やすことになる」と述べ、滞在先施設の確保が必要だと強調した。 どう強調しようと許される行為ではないですね。 感染者数が正確に把握できない現状では、的確な感染防止対策が打てる訳がません。 埼玉県知事が、今まで「のほほんとしていた」のは感染者数が少ないことに安心していた…? Sponsored Link ツイッターの声・反応 西田保険所長のコメントに呆れ、怒りの声が… 【コロナ検査拒否】さいたま市の保健所長のコメントに騒然!病院あふれるのが嫌 こんな報道がありました💦 これでは感染者が出歩くから自粛意味ないよ💦 — 【公式】埼玉マガジン saitamamagagin やはり…。 でも結果あふれてる — まめあず mameazudai 家内が全く検査を受けさせて貰えず、不安な日々です。 もう発熱から5日経過し、下痢症状が続いているのにも関わらず、 埼玉県と区の保健センターからは、検査拒否とも取れるような回答しか貰えず、日に日に体力が消耗しています。 同じ様な方、いらっしゃいますか? — 7doors-local. 県知事が感染爆発したときの事を考えてる気配がない 最初からない 今もない 小池都知事があれだけ焦って何とかしようとしている東京都に、今日も明日も満員電車に揺られて頑張って仕事に行けと 東京都が頑張っても埼玉県人が感染広げるわ 埼京線がどんな乗り物なのか知ってるか — たかの 兄妹猫飼い julycats2018 驚きのコメントから、厳しく追及すれば、さらなる真実が飛び出す気がしています。 折しも、 全国約2万7000人「発熱続く」 厚労省とLINE調査の結果が発表されました。 2万7000人のすべての人がコロナ感染者とは思えませんが、検査を増やせば、もっともっと感染者数が伸びるはずと、大多数の人が感じています。 もはや、隠しておいて良い段階ではありません。 多分、非常事態宣言にも関わらず、感染者数は拡大爆発するものと思われます。 ただ、唯一の救いがあるとすれば、日本やポルトガルでは感染者数に比較して、死亡者数が2%前後と低いことです。 感染しても死ぬほど重症化する危険は他国と比べて日本人は低いかと…。 これだけは安心して良いのでは。 週刊誌などで取り沙汰されていますが、BCG接種が義務付けられている国ではコロナの死亡者が少ないのです。 これは事実です。 しかし、医学的に証明された訳ではありません。 これから数か月の調査で判明してくるはずです。 間違っても、安倍首相が強調して止まない【 アビガン】が特効薬でないことは確実のようです。 奇形が生まれる確率が高く、エボラ出血熱に全然効果がなかったそうです。 それを200万人分も備蓄している日本政府の愚かさというより、犯罪行為ですかね…!?恐ろしい。 また、安倍ちゃんのお友達の会社で作っている薬の様ですから、疑ってかからないと危険かと。 エイプリールフールの「 アベマスク」の様には笑える話ではありません。

次の

医療崩壊の危機は 新型コロナ対応のベッド数・入院患者数データ|特設サイト 新型コロナウイルス|NHK NEWS WEB

埼玉 コロナ 感染 者 数

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。 特に ご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。 新型コロナウイルスは 飛沫感染と接触感染により感染します。 空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。 飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを 口や鼻などから吸い込んで感染します。 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。 他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 まずは 手洗いが大切です。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、 咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ 人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。 正しい手洗いの方法、マスクの付け方については、季節性インフルエンザと同様の方法が効果的です。 ビデオ・ポスターもあわせてご参照ください。 (出典:政府インターネットテレビ、首相官邸HPより) 少なくとも以下のいずれかに該当する方はすぐに「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

次の

新型コロナ/検査件数(都道府県データランキング)

埼玉 コロナ 感染 者 数

新型コロナウイルス(新型肺炎)が日本でも感染者が広まっています。 「新型コロナウイルスの感染者は日本のどこで発生しているのか」「都道府県別の死者の数」といった情報を知りたいことと思います。 そこで今回まとめた内容がこちらです。 新型コロナウイルスの都道府県別の感染者人数まとめ• 新型コロナウイルスの都道府県別の死者の数は? 【募集】新型コロナウイルスで「集計・グラフ化してほしいこと」を募集します みなさまから「集計・グラフ化してほしいこと」を募集し、手元のデータで集計できることであれば記事として発信していきたいと思います。 まとめ 今回は、世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスの感染者は日本のどこにいるのか、また都道府県別の死者についてまとめました。 新型コロナウイルスの感染者は多くの都道府県ででそれぞれ発生している• 新型コロナウイルスの死者も多くでてきている といったことがわかりました。 新型コロナウイルスの感染者は日々増えているので、詳細がわかり次第、追記していきたいと思います。 あわせて読みたい 【募集】新型コロナウイルスで「集計・グラフ化してほしいこと」を募集します みなさまから「集計・グラフ化してほしいこと」を募集し、手元のデータで集計できることであれば記事として発信していきたいと思います。 詳しくは以下の記事をご確認ください.

次の